ウルトラサン買ったよ

ウルトラサン、発売日に買ってきました!




前作のサンがまだ殿堂入りもしていない! という16年のポケモンプレイ人生の中で一番コンディションが悪い状態でのプレイになりましたが(;'∀')
今作は実習の合間にやらないといけないから、やっぱりあまり進まないかなと思うのですが、ちまちま殿堂入り目指してやっていきたいです。

前回モクロー選んだから、今回はどうしようかな……とちょっと悩んだのですが、やっぱりモクローは最高に可愛いのでモクロー選びました。
そしたらリセマラしないで一発でモクロー♀(おっとり)が来ました!
サファイアからずっとやってるけど、一発目でメスがきた記憶はないので、これが初かな?
オス:メスは7:1らしいです。




今作のストーリー、ブラックホワイト2みたいに、サンムーンの続き物なのかと勝手に思っていたのですが、今のところサンムーンとストーリーが何も変わらず拍子抜け……
全く同じ展開、同じセリフが続いて「ヴっ、前世の記憶が……!」って頭を抱えそうになります。
時々ちょっと違う要素が挟まれて、パラレルワールドみはするのですが、歴代悪役勢ぞろいとかはどの段階から始まるのでしょう。
今までリメイク版はエメラルド、プラチナみたいに一本しか出ていなかったし、リメイク前が出てから数年空いてリリースされてたから既視感はなかったけれど、今回は一年しか開いていない上に二本でたから多少新作っぽさがあるのかと思ってたんだけどなぁ。

ぽちぽち進めていきたいです。



↓ぽちっとお願いします!

にほんブログ村

スポンサーサイト

劇場版はいからさんが通る 観に行ってきた

実習終わって日曜日! なので昨日公開された「劇場版はいからさんが通る」を見に行ってきました!

1975年に描かれた大正浪漫少女漫画のバイブル! ザ王道少女漫画! という感じの作品のアニメ映画化です。
今まで阿部寛でドラマ化されているとのことですが、映画化は初めてですよね?

母親が大和和紀先生のファンで(といっても母の世代はみんな大和和紀読んでいたのかしら)、生まれたときには我が家には「はいからさんが通る」「あさきゆめみし」が全巻揃っていたので、小学生のときから原作は読んでいました。
映画館には母娘で見に来ている方、夫婦で来ている方(50代くらい)が多くて、やっぱり原作ファンが多くに見に来てるんだな~という感じでした。
小学生のときから読んでいる作品なので、キャラクターのイメージが自分の中でがっつりできていて、声優さんが声を当てるのにイメージと違ったらどうしよう……と製作発表当初は思っていたのですが、

「少尉cv宮野真守」

というワードを見て見に行く覚悟を決めました。だってマモが少尉、金髪のハクバノ王子サマ。はまり役すぎるでしょ。
それに加えて紅緒が早見沙織さん、冬星さんが櫻井孝宏、蘭丸が梶裕貴、鬼塚軍曹が中井和哉だもんね。配役完璧かよ。

今作は前後編なので、前編である今回は紅緒が冗談社に就職するところまでしか描かれていないのですが、2018年公開という後編が今から楽しみなくらい面白かったです!

少尉cv宮野真守の完璧、王道な王子様ぶり、早見沙織さん演じる原作よりはちょっと女っぽくて可愛い紅緒の恋愛は見ててあまりの王道っぷりにくらくらするくらいでしたし、すごい頻度で入るギャグシーンも寒くならず、クスクス笑えました。原作に忠実でどこも削った感じがないのがよかった~
絵柄は原作よりは現代少女漫画風で目の大きさが気になってちょっと残念でしたけど、頑張って原作に寄せてるシーンもあって、大和和紀先生の作品色々読み返したくなりました。よこはま物語とか、昔一度読んだきりだし。
紅緒のお父さんは石塚運昇さんということで、ずーっとオーキド博士に聞こえてしまいました……(それを言ったら少尉もずっと一ノ瀬トキヤボイスでしたが)
いやいや、ハーフだからこそ似合う恰好でしょそれ! という感じの少尉のリボンのついた白シャツや、紅緒のコロコロ変わるドレスも素敵だったー
漫画では白黒でしかないから、こうやって色がつくと嬉しいこともあるのだなと思いました。

真面目な感想としては、冒頭で環が引用する平塚雷鳥の「原始、女性は太陽であった」がテーマの本作。
「はいからさん」と呼ばれる新女性たちが、どのように人生を切り開いていくか、どのように自ら殿方を選んでいくのかが描かれるこの漫画が、1875年に描かれているとはさすが大和和紀先生だよね……
たくさん出てくる嫌味な帝国陸軍軍人、華族の雰囲気、男尊女卑の香り、関東大震災。
こういう社会的な要素がふんだんに入っているのに、キャラクター達が記号的にならず大変イキイキとして魅力的なところがサイコーだと思います。番外編でキャラクターの過去未来がどんどん出てくるのも楽しいよね。

EDの竹内まりや作詞作曲の早見沙織さんが歌う曲も素敵でした。そういえば早見沙織さん、デレステで楓さんだし歌とても上手なんだった。
とりあえず原作を母親の本棚から引っ張り出して読みます。後編は冬星cv櫻井孝宏がもっと聞けるかと思うと楽しみです~~

あ、入場者特典は少尉でした。






にほんブログ村


ワンスアポンアタイム見に行ってきた

こんばんは、FGOのハロウィンイベントが終わらず寝る間を惜しんでポチポチしています。
病院実習が始まってしまうと、ソシャゲが全然進まなくって悲しいです。授業中にポチポチ進められていた座学時代は幸せだったな……


「もうすぐワンスアポンアタイムがおわっちゃうからディズニー行こう!」という友人の誘いに乗っかり、ディズニーランドに行ってきました。
時は文化の日からの三連休の中日のディズニーランド。
見渡す限りの親子連れ、ものすごく込み合うジェットコースターたちにはほとほと閉口しました……

最近ランドに行ってなかったので知らなかったんですけど、この頃はワンスを見るために抽選して座席を確保するんじゃなくて、早めにお城の近くに行って並ぶ感じの入場体系になっていたんですね。
抽選時代は一度も当たったことが無くっていつも柱の後ろ側から見ていたので、今回は頑張ろうということでハイドアンドゴーシークにも、プーさんにも乗らずにただひたすらワンスを目指して並び続けました。

20:50からはじまるワンスを真正面から見るために、18:00にはシンデレラ城の横に到着。真正面に座り込んで場所を確保し、2時間半ひたすらに待機。途中で雨が降る中でもビニール袋を被って耐えて、ついに真正面ワンスが見られました!










雨が降ったけれどなんとか花火もすべて見られて、真正面からのプロジェクションマッピングは最高でしたね!


前回ランドに行ったときのブログ→ディズニーランドに行ってきたのときはアナ雪メインのワンスだったみたいですけど、今回はどちらかというと美女と野獣メインでした。

ワンスの曲はメロディーラインが耳に残ってとても好きなんですけど、相変わらず"It's up to you!"というディズニーからのメッセージが刺さります。
ディズニーのキャラクターたちはみんな逆境に負けず努力しているから、「夢はかなう、でもそれはあなたの努力次第!」って言われると燃えるのかもしれないですけど、ぐだぐだ怠惰に生きている自分はいったいどうなるのだろう・・・・・と無駄に考えてしまいがち。
うーん、私の人生、私次第なんだから適度に頑張らないといけないのかもしれない('_')


↓押していただけると励みになります!

にほんブログ村

クーパーをどうしても中指で持ってしまう

11月ですねー
今月は先月の心臓血管外科に引き続いて消化器外科です。

心臓血管外科は弁膜症と狭心症の患者さんばかりいらっしゃいましたが、消化器はやっぱり癌が多いですね。
腹腔鏡のモニターを毎日見ています。
癌がまるっと無事に切除できたときの達成感は(私は見ているだけですが)ひとしおですね!

今日は縫合練習があって、鶏肉の皮を縫合したのですが、OSCEの練習のときも思ったけれど、やっぱり私はクーパー(手術用のハサミ)を親指と中指で持ってしまうんだよな……
外科の先生に「それじゃあ外科にはなれないよwww」
と何度言われたことか。正しくは親指と薬指をはさみの穴にいれて、人差し指は刃に添えます。

14-2-1-1.jpg
看護roo!さんより



また、実際に患者さんの創を縫うときは、初心者は利き手でクーパーを持って、反対の手を添えて糸を切ると、手が震えないのでお医者さん的には「安心」だそうです。



にほんブログ村



実習一か月終わった

めっちゃ台風ですねー
本当は今日は部活の試合のはずだったんですけど、台風のせいでなくなってしまって大変残念です。
実習と部活の両立、けっこう頑張ってたんだけどな……こんな形で今シーズンが終わってしまうとは残念至極です(´・ω・`)

今週で一か月回っていた心臓血管外科の実習が終わりました。初っ端の実習が外科の王道、心外だったのはなかなかハードでした。
オペがとても長時間なので、朝から始まって夕方に終わるのに合わせて、回診やカンファは朝はやーくからはじまるのです。
早起き、回診、カンファ、オペ、回診……がひたすらエンドレスな感じ。
最初は先生方が話すアルファベットの略語に全くついていけなくて(・・? (・・? って感じでした。
病名ならまだしも、PCPS、ECMO、IABPみたいな機械の名前からMVRみたいな術式の略語までガンガン出てくるのはめっちゃ大変ですね。出てきた略語をまとめておきたいと思いつつ、未だ実現せず……

オペは時々術野に入らせていただきました。
人工心肺の仕組みが月初はよくわからなくて、今はなにをしているんだい(・・? って感じでしたが、最後の方は少しわかるようになりました。医療ドラマでよく米倉涼子がしてる接眼レンズがメガネにくっついてるみたいなやつ、本当に先生方が使ってらっしゃるから感動しました。あれどれくらい大きく見えるんだろう。

私は最近は小児希望寄りなので、先天性心疾患はすごーく勉強になりました。赤ちゃん個人個人によって症状も病態も様々で、同じ病名でも循環動態によって個人差ありまくりでびっくりしました。

あとはひたすら運ばれてくる大動脈解離の患者さん。夜だろうと早朝だろうとどんどんやってくる。これから本格的な冬になるにつれてもっと増えてくるかと思うと、先生方本当に大変だ……と圧倒されます。

実習終わっちゃうとすぐに循環器のこと忘れちゃうので、最近買ったばかりのTECOMをやらないといけないのだろうな、とは思うのですけど、未だ段ボールの開封には至っていません 笑



最近はスマホ版のリリースに備えてやり方を思い出そうと(?) Wii版の「街へ行こうよどうぶつの森」をなぜかやっています。
実習で疲れた体にこれが滲みるんだ。プレイすると「彩ちゃん、おかえり!」って住民が言ってくれるからね。
「ご主人様お帰りなさい!」って言われて承認欲求を満たしている人たちの気持ちがすごーくよくわかるようになりました。





にほんブログ村