ララランド見てきた

ララランド、友達に誘われて見に行きました。
今回はTOHOシネマズ新宿です。最近TOHOでしか映画を見ていない気がするのですが、映画上映前のなぞのシュールなキャラクターたちのアニメはなんのためにあるの……


以下感想です↓


普段ミュージカル映画は全く見ないので、残念ながら名作のオマージュはちっともわからなかったです。
ミュージカル要素が主人公たちの心中風景の描写として意図的に挿入されている感じはメタくてよかったです。
音楽は冒頭の渋滞のシーンの曲以外はそんなに感動しなかったです……
ジャズピアノはかっこよかったけれど。

LAという狭き門を目指す夢追い人の集まる街でハイになる二人のお話でしたが、結局は夢を追う二人の夢と恋の両立というありふれたテーマで、意外性もなく長々とストーリーが続くので、途中で中だるみが。

ミアとセブのキャラクター造形も記号的で、「おばの影響で女優を目指す女主人公」(どんな女優になりたいか、みたいなこだわりはあまりない)「古典的なジャズにこだわるオタクキモ男」(ジャズについてのこだわりはあるけれどそれ以外の人間性がわかる描写はほとんどない)の恋愛は表面的で、あまり入り込めず。
映画の出演者の中で主人公二人だけ白人だったのも何か浮いていたな……

5年後、狭き門への渋滞から降りてセブの店にたどり着いたミアが見た「もしもセブと続いていたら」という虚構のミュージカル。
それまで王道のストーリー展開を見せていたのにもかかわらず、結局は「二人は結ばれない」という突然の「現実のシニカルさ」を投入されたのには凹みました。
「こういうベタなのが見たいんでしょ、実際はそんなに甘くないけどね」という描写、本当に必要だったのかな……そこまでシニカルに〆たいのであれば、キャラクターの造形をもう少しリアルにしてほしかったところがあります。

夢を追うときに隣に必要な男と、夢を実現させた後に隣に必要な男は違うってことか。
最後の二人のアイコンタクトが、ミアの夢の実現がセブの力なしではなしえなかったことへの確認、そして二人の夢の実現への祝福だと感じられるところが救いです。



にほんブログ村



スポンサーサイト

京都 東山 花灯路に行ってきた

花灯路

京都東山の花灯路(はなとうろ)に行ってきました。
東山は何度か行っていますが、ライトアップされるとやっぱり綺麗ですね~

二寧坂を歩いているときに思ったのが、
「あれ、東山って台湾の九分に似てるな?」

日本人は東山も九分大好きですけど、結局坂道になっていて食べ歩きができてなおかつライトアップされていればどこでもいいのでは……?



17097454_1796096747321031_3920121733654671287_o.jpg



清水寺もきれいでした~
音羽の滝の三つの流れが、それぞれ健康運、恋愛運、学業運に対応していて、飲むとその運が上がるとか言われていますけれど、人の流れに乗っかってとりあえず向かったら真ん中の恋愛運になったのでおとなしく飲んでおきました 笑


17159083_1796096850654354_2807688309219243099_o.jpg


17191913_1796096617321044_2260685356199525921_o.jpg




このライトアップ、ゴジラの背中から出る熱線ビームみたいじゃない?
(俗にいう内閣総辞職ビームってやつ)

17157704_1796096673987705_905513488499061714_o.jpg


↓ぽちっとして下さるとうれしいです(*'ω'*)

にほんブログ村




刀剣乱舞スタンプラリーしに京都に行ったよ2

刀剣乱舞スタンプラリーしに京都に行ったよ
の続き。

豊国神社から帰り、七条から三条へ。
審神者の皆さまが苦しめられた三条のスタバ。やたらおしゃれですな。

CIMG87461.jpg



アーケード街のなかに突如として現れる本能寺。

CIMG87491.jpg



薬研藤四郎と不動くん。不動くんのほうが大きいんだなぁ。薬研もけっこう身長高かったです。


CIMG87511.jpg




続いて東山駅で降りて粟田神社へ。
神社は5時にしまってしまうのに、東山駅についたのが4時40分で慌てました。

CIMG87551.jpg

CIMG87571.jpg




にほんブログ村



刀剣乱舞スタンプラリーしに京都に行ったよ

刀剣乱舞 京の軌跡スタンプラリーに参加してきましたよ~

一泊二日で高校の同級生の審神者たちと一緒に回ってきました。刀剣乱舞のいいところは日本各地でイベントをやっているので日本全国旅行に行けるところ。

img_photomap.png

嵐電沿線にスタンプラリーをするところがあり、京都市内の各地に刀剣乱舞の刀剣男士の等身大パネルが飾ってある感じのイベントです。


一日目
まずは京都駅から奈良線で南に下って藤森神社へ。

CIMG87321.jpg

お馬さんの勝運をお祈りする神社のようで、お馬さんの像が。



CIMG87331.jpg

鶴丸いたー!!
お寺の社務所に参拝者から奉納されたという鶴丸グッズがたくさん飾ってあってほっこりしました。



次に七条まで行って豊国神社へ。


CIMG87361.jpg


CIMG87381.jpg

ばみくん小顔で美しい!
この神社でもコラボ御朱印とか、おみくじのところにばみ君のイラストが飾ってあったりしてコラボしてる感が満載でした。


とりあえずここまで!



↓ぽちっとして下さるとうれしいです(>_<)

にほんブログ村



ソードアートオンライン劇場版見てきた

ソードアートオンライン劇場版、オーディナルスケール見てきました。公式HP↓
http://sao-movie.net/story/story.html






SAOは原作をアリシゼーション編の悪役が参入してくるまで(最新刊より二三巻前?)読んで、アニメは全編みてます。
SAOはゲームの世界に完全ダイブする「VR(仮想現実)型」のSF、ラノベの代表格として最前線を走っていると思いますが、今回の映画はVRではなく「AR(拡張現実)」機能を持ったマシーンがメインのストーリーだということで、VRとARがSAOの世界観でどのように描かれるか興味を持って見に行きました。


途中から配られ始めた川原礫先生書き下ろしの小冊子、「ホープフルチャント」をゲットして劇場へ。
渋谷のTOHOで見たのですが、観客は男性ばかりで、女性はカップルの彼女ばかり。女友達と二人で見に来ていた私たちは浮きましたね~
こんなに男性向けのジャンルだとは知らなんだ。



感想雑記↓
・キリアスはいいから結婚しろ。
・でも本編であれだけアスナのお母さんに会うのを避けていたキリトさんがようやくお母さんに会う決心がついたのがよかった。
・相変わらずアスナさんは危険な目にあうヒロインだけど、守ってもらってばっかりじゃなくて自分で戦いに行くところは評価できる
・でもやっぱりシノンがやっぱり一番好きだなー
・菊池さんは実は悪者なんだぞ~、この時点ではキリトさんはわかってないかもだけど。と思っていたら落ちがアリシゼーション編への導入でよかった。アリシゼーション編映画化期待してます。

・エイジくん、最後まで報われなくてすごく可哀想だった。悠那ちゃんのAI、エイジくんのところにも現れて「心の中にいつまでもいるよ」って言ってくれたら救われたかもしれないのに。「夢を憶えていてくれてありがとう」だけじゃ報われないよ。
・エイジくん、川原先生の小説読むとますます不憫で泣きたい。
・大事な女の子を自分の力不足で失ったところまではキリトと一緒なのに、なぜエイジくんがここまで可哀想かというとエイジくんにはアスナがいないからなんだなーと思うと不憫の極み。

・トップダウン型のAIという形で死者をよみがえらせるっていうモチーフはわりと好きでした。でも悠那ちゃんを復元したいなら、現実世界での悠那ちゃんのお友達の記憶をスキャンしたほうがよかったのでは? ゲームの中の記憶って限られているでしょ
・でもそうすると現実世界でも仮想世界でも悠那ちゃんとずっと一緒だったエイジくんはすっかり記憶を忘れることしか方法がないんだ、と思うと切ない。
・「ゲームの中の辛い記憶なんて忘れたほうが幸せだ」エイジくんは言うけれど、結局は自分は辛いSAOの世界の中でも悠那ちゃんとの思い出は消したくなかったんだな。「仮想現実だってプレイヤーにとっては現実」。

・最後SAO百層目のボスを倒さないといけない理由がよくわからないまま大決戦に入っちゃったのが??? って感じだったのですが、アスナさんのマザーズロザリオよかったです。
・結局悠那ちゃんのAIは百層のリソースを使っていたから、それをクリアして初期化すればAIが消滅する、というのを最初からわかって悠那は指示してたのかな。

・結局は今回のゲームデバイスもアミュスフィアと同じ脳スキャン&VR機能があったということで、なーんだあんまりARじゃなかったじゃんという印象。
・「ARはVRと違って現実世界への認識を変えてしまう恐れがある」ってキリトさんが言ってたけれど、結局その手の危険性は本編であまり語られていなかったのでは?
・落ちが結局SAOのVR落ちだったのはすごく残念。もっとARの未来を感じさせるお話だと期待していたのに。

・YUNAfeat.神田沙也加さんはすごくよかったです。サントラほしいな。


こんなところでしょうか。突っ込みどころは多かったけど、ファンとしては楽しめました!
次回作に期待。




にほんブログ村