病院実習で立ちくらんだので総診に行くよ

うわー、お久しぶりです。
病院でいろいろ見学する実習が始まったり、CBTがいよいよ勉強しなくちゃいけなかったりで足が遠のいていましたね・・・・・

最近は病院で本格的な実習が始まる前に病棟とか検査室とかを見学する授業が多いのですが、数十分立ちっぱなしで話を聞くことが多くて、立ちくらみやすい私にはなかなか地味にきつい実習です……
一年生のときの同じような実習でも、2.3回立ちくらみになって座り込んでしまって、看護師さんに「もう帰れば?」と冷たい目で言われてしまった思い出(´;ω;`)

パターンは大体いつも一緒で、最初は胃が痛くなって、そのあと吐き気と過呼吸、最後に目の前が白くなってきて座り込んでしまうというやつです。
顔色が真っ白になっているらしい。

案の定今回も二週間の実習で立て続けに2回立くらんだので、ちょっとこれは本格的な病院実習が始まる前に原因をはっきりさせないとまずいと思って近医を受診してみました。



主訴「立ちくらみ」で内科にかかったところ、いつの間にか大げさなことに「失神」という扱いにされ「心原性」「神経原性」「貧血」の疑いで検査をすることに。

採血をしてHbが12.8だったので貧血ではなく、
心電図を取って以上なかったので心原性ではない(?)

となると神経原性? それとも発作的に起こる不整脈?


となったのち、近医の先生は私が医学生とわかっているので、うちの大学病院の総合診療科に紹介状を書かれました!
のでなんと大学病院の総合診療科にかかることになってしまいました……


知っている総合診療科の先生が主治医になっちゃったら嫌だな……
変な病気じゃなくて、ただの起立性低血圧か迷走神経反射であるだろうけれど、こんなに大げさになってしまって安心だけど大変です(;'∀')



にほんブログ村




スポンサーサイト

一日で半年分くらい手洗いした

今日は病院の手術部にお邪魔して手洗いの実習でしたよ~

消毒剤とアルコールの両方を使って洗う「手もみ・アルコール擦式併用法」=「ツーステージ法」
消毒剤は事前に少し使うだけで、アルコールを徹底的に刷り込む「ウォーターレス法」

の二つの洗い方を習ったのですが、本来なら手術の前にどちらか選んでやるところを練習のために両方やったので、手がカサカサになりました(;'∀')
手を洗うだけで5.6分かかるから、滅菌操作って本当に大変で気を付けないといけないんだなと実感しました。


私はアトピーで手湿疹がひどいので、アルコールを刷り込むとめっちゃ滲みて痛いので、やるならアルコールをあまり使わない方のツーステージ法ですかね。
本格的に実習が始まる前に、ステロイドしっかり塗って手湿疹治さないとな……とは思うのですけれど、ステロイド一日3回くらいの勢いで塗らないと全然治らないので、いつも途中で投げ出しちゃうんですよね。
医学生の不養生なのはわかっているのだけれど病院いくのめんどくさいな~

同時にやらせてもらったガウンの着方と手袋のはめ方は、OSCEで出るから覚えないとですね!
一回やっただけじゃ全然覚えられそうになかったので、本番前にしっかり復習したいところです。
あと手袋をし終わった後に、どうしても手をダランと下げてしまって先生に「手は目で見える範囲より外に出さない! 下げない!」と何度も注意されたので、これからオペに入るときにだいぶ気を付けないとだめだ~


↓ぽちっとお願いします(*^^*)

にほんブログ村

実習の服装とは

ゴールデンウィーク終わってしまいましたね(´;ω;`)
今年のゴールデンウィークは高校の友達とカラオケに行って、ミュシャを見に行ったくらいであまり派手には遊ばなかったですね……

最終日は母親と一緒にゴールデンウィークセールをやっていたユニクロに行ってきました。
この5月から病院に行ってちょっとした実習をする機会があるので、白衣の下に着る服を買いに行ったのです。
大学側からは「Tシャツは着ちゃダメ」というくらいで、厳密に白衣の下にどんな服を着なさい、とは指定されていないのがまた難しいところです。

先輩方はポロシャツにチノパン、もしくはスクラブにチノパン、という恰好ばかりされていたので、私もユニクロに同じような服を買いに行ったのですが、ポロシャツは安くたくさん売っているものの、チノパンがない!
この時期のユニクロはクロップドパンツばかり売っていて、足首まで隠れるズボンが全然ないので驚きました!
長ズボンは長ズボンでもジーンズ地のスキニーしかないし。

さまよった挙句最後は無印良品にたどり着き、チノパンらしきものを買ってどうにかなりました。
靴は病院内で観察したところ、白いスニーカーを履いているお医者さんや看護師さんが多いように思ったので、真っ白なアディダスのスニーカーを買いました。

装備は整えましたが、果たして病院実習とTOEFLの勉強とCBTの勉強と部活は両立できるのでしょうか……?
CBT直前に泣くことのないようにしたいところです( ;∀;)


↓ぽちっとお願いします('ω')ノ

にほんブログ村


ミュシャ展に行ってきました

部活の先輩二人と一緒に六本木の国立新美術館に行ってミュシャ展を見てきましたよ~。
ミュシャ見たい! という私のツイッターでのつぶやきに乗っかってくれた先輩方には感謝。男一人女二人という謎な組み合わせでしたけど、自分が4年生ともなると先輩方は実習とかで忙しくされていて遊ぶ機会も少なくなってきてるから、こうやって遊んでもらえるとすごくうれしいです。

男の先輩は以前私が振られた先輩だから、一緒にどこかに行けるのはうれしいようななんだか切ないような気もしましたけれど(;´・ω・)
でもやっぱりうれしいところが現金なものですね、人間。


ゴールデンウィークだから昼間はめっちゃ混むだろうと思って、美術館に行くのは夕方にすることにして、昼間は東京ミッドタウンをぶらぶらしました。
ミッドタウンって初めて行ったんですけど、さすが物価が高くてびっくりしました。
洋服のコーナーはもはや知らないブランドばかりだったので、文房具とか雑貨ばかりを見に行きました。
itoyaで文房具を見るのが好きなんですよね~


ミッドタウンのお庭ではプジョー(外車)の試乗会が行われているのを眺めながら、芝生でPALETASのアイスを食べました。
芝生で寝っ転がって本読んでいる人がたくさんいて、さながら外国の公園みたいでした。
優雅だな~






その後国立新美術館に向かいます。
オンラインチケットを事前購入していたので、チケット購入列には並ぶことなくスムーズに入場できました。
17:30にもなると会場内は空いてるかな~と思っていたのですが、さすが人気な展覧会、夕方でも国立新美術館でやってる普通の展覧会並みに混んでいました。

それでもスラブ叙情詩はかなり大きな絵だったので、たくさんお客さんがいても問題なく見ることができます。
写実的な絵でスラブの伝統と歴史が描かれているスラブ叙情詩は圧巻でした。
ミュシャと言えば、女の人の周りに幾何学的にお花が配置されているアールヌーボーな絵が人気で有名ですけれど、今回の展覧会はそのような華やかなミュシャの絵だけでなく、スラブ叙情詩に代表されるミュシャのスラブ民族への愛がこもった作品が展示されていて、画家の望郷の念を見た思いです。

そもそも「ミュシャ」というのは「Mucha」という彼の名前のフランス語読みであって、故郷であるチェコ語では「ムハ」と呼ぶのが正しいそうです。
今回の展覧会ではオーディオガイドや絵の解説はすべて「ムハ」表記で統一されていて、華やかなだけでないムハの一面を新たに知ることができた素晴らしい展覧会でした。

それにしてもだいぶ混雑していたので、途中で先輩方とは案の定はぐれてしまって、終始一人で見ていました(^_^;)
デートとかで行くには向かないだろうなぁ。

物販はすごーく混んでいました!

撮影可能エリアで撮った写真たち。











↓ぽちっとお願いします(*'ω'*)

にほんブログ村

4月読書メーターまとめ

ほとんど漫画しか読んでないぞ(;'∀')
椿町ロンリープラネットとARIAは全巻揃えてしまいました。



4月の読書メーター読んだ本の数:10読んだページ数:2034ナイス数:39椿町ロンリープラネット 7 (マーガレットコミックス)椿町ロンリープラネット 7 (マーガレットコミックス)感想当て馬登場! と思ったら、年上の先生に恋する美少年先輩だった……可愛いです。ひるなかは読んでいないので番外編はよくわからなかったのですが、単体で読んでも面白かったし獅子尾のキャラデザ好きだったのでいつか読んでみたいと思います。読了日:04月28日 著者:やまもり 三香
椿町ロンリープラネット 6 (マーガレットコミックス)椿町ロンリープラネット 6 (マーガレットコミックス)読了日:04月28日 著者:やまもり 三香
椿町ロンリープラネット 4 (マーガレットコミックス)椿町ロンリープラネット 4 (マーガレットコミックス)読了日:04月28日 著者:やまもり 三香
椿町ロンリープラネット 5 (マーガレットコミックス)椿町ロンリープラネット 5 (マーガレットコミックス)読了日:04月28日 著者:やまもり 三香
椿町ロンリープラネット 3 (マーガレットコミックス)椿町ロンリープラネット 3 (マーガレットコミックス)読了日:04月28日 著者:やまもり 三香
椿町ロンリープラネット 2 (マーガレットコミックス)椿町ロンリープラネット 2 (マーガレットコミックス)読了日:04月28日 著者:やまもり 三香
ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 2 (BLADE COMICS)ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 2 (BLADE COMICS)読了日:04月28日 著者:天野こずえ
ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 1 (BLADE COMICS)ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 1 (BLADE COMICS)感想ヒーリング系だけれどもテラフォーミングなことを時々思い出させてくれてSF心をくすぐってくれる最高の作品。ヴェネツィアに行った後どうしても欲しくなってしまったので買ってしまいました読了日:04月21日 著者:天野こずえ
カードキャプターさくら クリアカード編(2) (KCデラックス なかよし)カードキャプターさくら クリアカード編(2) (KCデラックス なかよし)感想小狼とエリオルが裏で悩んでいる中、前向きに一つ一つできることに向き合っているところがさくらの強さなのだなと思う。小学生の時と流れる雰囲気は同じなのだけれど、小狼とさくらの関係が恋人同士のものになっているのがほっこりします。読了日:04月18日 著者:CLAMP
小説 秒速5センチメートル (角川文庫)小説 秒速5センチメートル (角川文庫)感想「喪失」を扱い続けている新海誠作品の中でも、一番身近で一番身に刺さる作品。小学校のころの転校っていうのはやっぱり人格形成に影を落とすことは否めないと思う。一度「喪失」を手酷く味わってしまうと、どうしても冷めてしまって、かつその冷めてる自分に酔ってしまう。貴樹は決して誰も幸せに出来ていない訳では無い、だけれどもそう思い込んでしまうところに悲しく共感できてしまう自分がいるのが物悲しい。読了日:04月17日 著者:新海 誠
読書メーター




にほんブログ村



にほんブログ村