2月読書メーターまとめ

2017年2月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2590ページ
ナイス数:39ナイス

伊藤計劃トリビュート2 (ハヤカワ文庫JA)伊藤計劃トリビュート2 (ハヤカワ文庫JA)感想
伊藤計劃っぽさを追求したのであろう作品は結局二番煎じに終わっていた気が。 草野原々「最後にして~」:SFマガジンの賛否両論の評価を見ていたので読むのを楽しみにしていた。火の鳥のスケールを超えてくるとんでもSFでぶっとんだけど、これってどこまでサイエンスに裏打ちされているんだ? 元がニコマキ小説っているのもすごい。 柴田勝家:VRがテーマの取材レポート風。こういう民族があっても将来おかしくないんだろうなと思わせる。→コメント
読了日:2月17日 著者:草野原々,ぼくのりりっくのぼうよみ,柴田勝家,黒石迩守,伏見完,小川哲
31☆アイドリーム 4 (花とゆめCOMICS)31☆アイドリーム 4 (花とゆめCOMICS)感想
単純にるーくんのキャラデザが可愛かった。あかりはあんまり自主的に動いてなくて相変わらず種村ヒロインって感じ……
読了日:2月17日 著者:種村有菜
思い、思われ、ふり、ふられ 2 (マーガレットコミックス)思い、思われ、ふり、ふられ 2 (マーガレットコミックス)感想
理央くん健気だな〜女の子たちよりも男子側に共感してきた。
読了日:2月17日 著者:咲坂伊緒
思い、思われ、ふり、ふられ 1 (マーガレットコミックス)思い、思われ、ふり、ふられ 1 (マーガレットコミックス)感想
4人が主人公って感じは面白い。モノローグが誰のものか判断するのがちょっと難しいですけど
読了日:2月17日 著者:咲坂伊緒
G線上のあなたと私 2 (マーガレットコミックス)G線上のあなたと私 2 (マーガレットコミックス)感想
酔ってて忘れたというのはずるいな……
読了日:2月11日 著者:いくえみ綾
G線上のあなたと私 1 (マーガレットコミックス)G線上のあなたと私 1 (マーガレットコミックス)感想
まーたしてもいくえみ男子は魅力的。
読了日:2月11日 著者:いくえみ綾
マギ 32 (少年サンデーコミックス)マギ 32 (少年サンデーコミックス)
読了日:2月9日 著者:大高忍
マルドゥック・ヴェロシティ3〔新装版〕 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・ヴェロシティ3〔新装版〕 (ハヤカワ文庫JA)感想
だんだんと読み進めたくなくなっていくものの、ページをめくる手は抑えられませんでした。スクランブルを絶対に読み返さないといけない、そこにあるボイルドの虚無を感じなければならないと思う。
読了日:2月9日 著者:冲方丁
マルドゥック・ヴェロシティ2〔新装版〕 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・ヴェロシティ2〔新装版〕 (ハヤカワ文庫JA)
読了日:2月9日 著者:冲方丁
マルドゥック・ヴェロシティ1〔新装版〕 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・ヴェロシティ1〔新装版〕 (ハヤカワ文庫JA)
読了日:2月9日 著者:冲方丁

読書メーター




にほんブログ村



スポンサーサイト

シミルボン

最近本を読んだ後、長いレビューを書くのには読書メーターは物足りないな~
と思っていたところ、「シミルボン」というサイトを発見。

なんでも、ユーザー参加型のコラムやレビューの投稿サイトらしいです。
読書メーターはあくまでも「読書記録」であって、長々とレビューを語るところではないよなーと思ったので、シミルボンにも登録してみました。
二つレビューを書いてみた(というかブログ上のレビューを焼き直した)のだけれど、こんな感じでいいのかしら。
ブログパーツがあるとなお良いよなーと思います。

手の届かない誰かを見る 新海誠の解説を読んで

器質的に脳に作用する認知行動療法



にほんブログ村


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

12月読書メーターまとめ

結晶銀河の「allo,toi,toi」がすごく考えさせられる短編で唸りました。
小児愛者で性犯罪を犯した囚人の脳にデバイスを入れて、「子供に性的な感情を持つのはおかしい」という信号を脳に入れ続ける、みたいな作品なんですが。
脳に器質的に行う認知行動療法みたいな感じで、将来ありえなくもないな、と……
落ちが難しくてよくわからなかったのですが、こちらのサイトを読んだら納得できました↓

京大SF・幻想文学研究会ブログ


藤井太洋のビックデータ・コネクトはめっちゃ面白かったです!
藤井太洋は「ジーン・マッパー」がすごく面白かったので、近未来SF作家なのかと思っていたら、ビックデータ・コネクトはまさかの警察ものでした。面白かった。


2017年は本をたくさん読んで、自分でもちょっと書ける一年になれればいいかな~と思います。



2016年12月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3122ページ
ナイス数:73ナイス

結晶銀河 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)結晶銀河 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)感想
アリスマ王が面白かった。「allo,toi,toi」は脳に器質的に作用させる認知療法ということで、たいへん興味深いが難解だった。
読了日:12月26日 著者:
王家の紋章(62)(プリンセス・コミックス)王家の紋章(62)(プリンセス・コミックス)感想
メンフィスが1度も出てこないなんて!
読了日:12月23日 著者:細川智栄子あんど芙~みん
カードキャプターさくら クリアカード編(1) (KCデラックス なかよし)カードキャプターさくら クリアカード編(1) (KCデラックス なかよし)感想
13巻、というべき真の続き物で嬉しい! 小狼とさくらの続きがこうして読めることに感動です。カドサクアニメで育った世代からすると、やっぱりここが原点だなー アニメも期待してます
読了日:12月17日 著者:CLAMP
女ともだち (3) (りぼんマスコットコミックス (615))女ともだち (3) (りぼんマスコットコミックス (615))
読了日:12月14日 著者:一条ゆかり
女ともだち (1) (りぼんマスコットコミックス (568))女ともだち (1) (りぼんマスコットコミックス (568))感想
一条ゆかりの芸能もので一番好きかな~
読了日:12月14日 著者:一条ゆかり
MOE(モエ) 2017年1月号 [「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」ハリー・ポッター魔法ガイド]MOE(モエ) 2017年1月号 [「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」ハリー・ポッター魔法ガイド]感想
ファンタビ特集につられて読みました。キャラクターの杖の描写とかが面白かった。
読了日:12月14日 著者:
銀の匙 4―Silver Spoon (少年サンデーコミックス)銀の匙 4―Silver Spoon (少年サンデーコミックス)感想
この前帯広に行ってきたので銀の匙がより一層リアルに読めています。豚丼を美味しく食べることが供養なのかな。
読了日:12月14日 著者:荒川弘
ビッグデータ・コネクト (文春文庫)ビッグデータ・コネクト (文春文庫)感想
まさにビックデータコネクト。警察ものですが、探偵役はハッカーという。武岱ははじめはすごく怪しかったのが、中盤からどんどん頼もしく思えてくるのが面白くてたまらない。「M」がプロジェクションマッピングされるシーンはビックデータの恐ろしさに鳥肌でした。Tカード安易に使うのやめようかな 笑
読了日:12月8日 著者:藤井太洋
インフェルノ(下) (角川文庫)インフェルノ(下) (角川文庫)感想
エンディングの煮え切らなさにちょっとモヤっとしました。シエナはもっと罰されてもいいのではないか? と思いながら映画をみたら落ちが全然違っていて、映画の方がうまくまとまっていたように思いますが、シエナという女性についての深みはやはり小説の方があるのでしょう。
読了日:12月4日 著者:ダン・ブラウン
インフェルノ(中) (角川文庫)インフェルノ(中) (角川文庫)
読了日:12月4日 著者:ダン・ブラウン
銀の匙 6―Silver Spoon (少年サンデーコミックス)銀の匙 6―Silver Spoon (少年サンデーコミックス)
読了日:12月1日 著者:荒川弘
宇宙兄弟(9) (モーニングKC)宇宙兄弟(9) (モーニングKC)感想
日々人が月で死にかけるシーンは映画とはちょっと違うって初めて知りました。ブライアン、しっかり助けに来てくれた。
読了日:12月1日 著者:小山宙哉
宇宙兄弟(8) (モーニング KC)宇宙兄弟(8) (モーニング KC)
読了日:12月1日 著者:小山宙哉
ホリミヤ(10) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ(10) (Gファンタジーコミックス)感想
もう10巻! 掘宮のときから好きだった仙石くんと麗美の馴れ初めが読めて嬉しかったです。堀と宮村はさっさと結婚しろーって感じ 笑
読了日:12月1日 著者:HERO,萩原ダイスケ

読書メーター



にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



11月読書メーターまとめ

定期的にやってくる有閑俱楽部読みたい熱。
インフェルノの映画を見たいので一所懸命原作読んでいます。

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:32冊
読んだページ数:6955ページ
ナイス数:64ナイス

天頂より少し下って (小学館文庫)天頂より少し下って (小学館文庫)感想
「あたしはあたしの断片しか知らない。断片から、この世界はできている」
読了日:11月30日 著者:川上弘美
花に染む 8 (クイーンズコミックス)花に染む 8 (クイーンズコミックス)感想
結局よくわからなかったーーー
弓道やってる身としては、弓道に対する心構えに共感する作品でした。
読了日:11月30日 著者:くらもちふさこ
有閑倶楽部 8 (りぼんマスコットコミックス)有閑倶楽部 8 (りぼんマスコットコミックス)
読了日:11月30日 著者:一条ゆかり
有閑倶楽部 6 (りぼんマスコットコミックス)有閑倶楽部 6 (りぼんマスコットコミックス)
読了日:11月30日 著者:一条ゆかり
有閑倶楽部 9 (りぼんマスコットコミックス)有閑倶楽部 9 (りぼんマスコットコミックス)
読了日:11月30日 著者:一条ゆかり
有閑倶楽部 11 (りぼんマスコットコミックス)有閑倶楽部 11 (りぼんマスコットコミックス)
読了日:11月30日 著者:一条ゆかり
有閑倶楽部 (12) (りぼんマスコットコミックス)有閑倶楽部 (12) (りぼんマスコットコミックス)
読了日:11月30日 著者:一条ゆかり
有閑倶楽部 10 (りぼんマスコットコミックス)有閑倶楽部 10 (りぼんマスコットコミックス)
読了日:11月30日 著者:一条ゆかり
有閑倶楽部 7 (りぼんマスコットコミックス)有閑倶楽部 7 (りぼんマスコットコミックス)
読了日:11月30日 著者:一条ゆかり
マギ 31 (少年サンデーコミックス)マギ 31 (少年サンデーコミックス)
読了日:11月23日 著者:大高忍
インフェルノ(上) (角川文庫)インフェルノ(上) (角川文庫)
読了日:11月23日 著者:ダン・ブラウン
有閑倶楽部 3 (りぼんマスコットコミックス)有閑倶楽部 3 (りぼんマスコットコミックス)
読了日:11月20日 著者:一条ゆかり
有閑倶楽部 (2) (りぼんマスコットコミックス)有閑倶楽部 (2) (りぼんマスコットコミックス)
読了日:11月20日 著者:一条ゆかり
有閑倶楽部 1 (りぼんマスコットコミックス)有閑倶楽部 1 (りぼんマスコットコミックス)
読了日:11月20日 著者:一条ゆかり
有閑倶楽部 5 (りぼんマスコットコミックス)有閑倶楽部 5 (りぼんマスコットコミックス)感想
恋唄姫、すごーく好きです。
読了日:11月20日 著者:一条ゆかり
有閑倶楽部 4 (りぼんマスコットコミックス)有閑倶楽部 4 (りぼんマスコットコミックス)
読了日:11月20日 著者:一条ゆかり
月に吠えらんねえ(3) (アフタヌーンKC)月に吠えらんねえ(3) (アフタヌーンKC)感想
戦時中の詩人の活動って今まで知らなかったので勉強になりました。難しくて知恵熱が出そう。番外編の名前をなくした女の子たちが切ない。
読了日:11月17日 著者:清家雪子
月に吠えらんねえ(2) (アフタヌーンKC)月に吠えらんねえ(2) (アフタヌーンKC)
読了日:11月16日 著者:清家雪子
君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)感想
お父さんとお母さんの馴れ初めのお話が最高。本編ではあまり描かれていなかっただけに、お父さんの心境がよくわかって良かったです。
読了日:11月16日 著者:加納新太
天使と悪魔 (下) (角川文庫)天使と悪魔 (下) (角川文庫)感想
中盤で一見解決したかのように見えて、どこか違和感があるな……? と思ってページをめくっていたら大どんでん返しがあって圧巻です。品があってかっこいいキャラだと思っていたけれど、やはりそれだけではなかったのね…… 教授は不死身すぎてもう一種のお約束。エンターテイメントとしては最高です
読了日:11月15日 著者:ダン・ブラウン
天使と悪魔 (中) (角川文庫)天使と悪魔 (中) (角川文庫)
読了日:11月15日 著者:ダン・ブラウン
天使と悪魔 (上) (角川文庫)天使と悪魔 (上) (角川文庫)
読了日:11月15日 著者:ダン・ブラウン
月に吠えらんねえ(1) (アフタヌーンKC)月に吠えらんねえ(1) (アフタヌーンKC)感想
友達に借りて。神経衰弱と他者依存と愛のお話。みんなどこか狂ってるけど色気があっていいですね。チューヤくんもっと出てきてほしい~
読了日:11月15日 著者:清家雪子
永田町ストロベリィ 2 (りぼんマスコットコミックス)永田町ストロベリィ 2 (りぼんマスコットコミックス)
読了日:11月14日 著者:酒井まゆ
恋のめまい愛の傷 (2) (ヤングユーコミックス―Chorus series)恋のめまい愛の傷 (2) (ヤングユーコミックス―Chorus series)感想
歩くエクスタシーって 笑CD-ROMに時代を感じます
読了日:11月14日 著者:一条ゆかり
恋のめまい愛の傷 (1) (ヤングユーコミックス―Chorus series)恋のめまい愛の傷 (1) (ヤングユーコミックス―Chorus series)感想
琳のお母さんが嫌いだな……16歳の琳はかわいいですね〜
読了日:11月14日 著者:一条ゆかり
SFマガジン 2016年 12 月号 [雑誌]SFマガジン 2016年 12 月号 [雑誌]感想
新海誠考察がすごく良かったです。ARとVRの特集は嬉しい。
読了日:11月14日 著者:
隣りの女 (文春文庫)隣りの女 (文春文庫)感想
ベタだけど、すごく丁寧で面白い。向田邦子がベタを作った当事者であったからこそ、彼女の作品は今読んでもベタだと感じられるのだろうか。
読了日:11月4日 著者:向田邦子
ブラックジャックによろしく(1) (モーニング KC)ブラックジャックによろしく(1) (モーニング KC)感想
研修医の実情、今じゃもうちょっと改善されてるんじゃないかな? システムも今とちょっと違うようでした。でもやっぱり医療ものとしては面白い。
読了日:11月3日 著者:佐藤秀峰
四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
木枯らしが聞きたくなりました。
読了日:11月3日 著者:新川直司
四月は君の嘘(3) (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(3) (講談社コミックス月刊マガジン)
読了日:11月3日 著者:新川直司
宇宙兄弟(7) (モーニング KC)宇宙兄弟(7) (モーニング KC)
読了日:11月3日 著者:小山宙哉

読書メーター



にほんブログ村



9月読書メーターまとめ

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2933ページ
ナイス数:33ナイス

マルドゥック・スクランブル〈改訂新版〉マルドゥック・スクランブル〈改訂新版〉感想
最初から最後までずっとバロットを応援できたままエンドを迎えられたことに安堵しました。結局は大企業が悪い、というお決まりのパターンですがここまで豪快に書かれると快感。
読了日:9月28日 著者:冲方丁
太陽が見ている(かもしれないから) 5 (マーガレットコミックス)太陽が見ている(かもしれないから) 5 (マーガレットコミックス)感想
それぞれのカップルのすれ違いが静かに進んでいてわかりやすい巻でした。幸福を誰もが望んでいるとは限らないのか。
読了日:9月25日 著者:いくえみ綾
椿町ロンリープラネット 1 (マーガレットコミックス)椿町ロンリープラネット 1 (マーガレットコミックス)感想
先生がただただかっこいい。絵柄が色気があって好きです。
読了日:9月16日 著者:やまもり三香
31☆アイドリーム 3 (花とゆめCOMICS)31☆アイドリーム 3 (花とゆめCOMICS)感想
主人公がモテすぎて、初期の喪女設定は何処へ…… 「満月をさがして」が好きで、同じような設定なので読んでいたのですが、もう続きは読まないかな。
読了日:9月12日 著者:種村有菜
ウォーク・イン・クローゼットウォーク・イン・クローゼット感想
うーん、最近の作品は刺さるような独特の文体の心理描写が減ってきちゃった気がします。少女マンガみたいなお話を読みたかったわけではないんだけどな…… 「いなか、の」の方はさっさと警察に通報すればよかったのに。名声を欲していた主人公がそんなに悪かったように思えなかったので、ただただ果穂に共感できない。
読了日:9月12日 著者:綿矢りさ
スイートソロウ 2 (マーガレットコミックス)スイートソロウ 2 (マーガレットコミックス)
読了日:9月10日 著者:持田あき
持たざる者持たざる者感想
「放射能」じゃなくて「放射線」なんだよな、用語的には……ふつうに考えれば放射線よりも、「吸ったタバコが肺から息として出てくる」ことによる赤ん坊への受動喫煙の方が明らかに有害なんだけど、放射線が「未知なるもの」であるのに対しタバコが「日常的なもの」であるからその実感が湧かないのだろう。修人の思考はすごく男性的だ。その分女性たち3人は方向性は違えども、意識的に「母であること」を自らに諭しているのだと思う。たとえ息子を失ったとしても。
読了日:9月10日 著者:金原ひとみ
×××HOLiC(11) (KCDX)×××HOLiC(11) (KCDX)
読了日:9月7日 著者:CLAMP
Gene Mapper -full build- (ハヤカワ文庫JA)Gene Mapper -full build- (ハヤカワ文庫JA)感想
藤井太洋は「屍者たちの帝国」「楽園追放rewired」の短編集で読んでいたけれど、長編は初めて読みました。淡泊だけど味のある文体と、ARのリアリティ、遺伝子工学×近未来ITの化学反応! 蒸留作物、設計動物どれをとっても本当に将来出てきそうなアイテムで、SFとしても面白かった。ホーチミン、カンボジアと各地を行き来しているのもよかったです。登場人物もキャラが立ってて、十分この面子でシリーズものが書けそう。本当に面白かったので、次はオービタルクラウド読みたいです。
読了日:9月5日 著者:藤井太洋
×××HOLiC(10) (KCデラックス)×××HOLiC(10) (KCデラックス)
読了日:9月2日 著者:CLAMP
×××HOLiC(9)(KCDX)×××HOLiC(9)(KCDX)
読了日:9月2日 著者:CLAMP
×××HOLiC(8)(KCDX)×××HOLiC(8)(KCDX)
読了日:9月2日 著者:CLAMP

読書メーター


にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。