2012年05月

うたの☆プリンスさまっ♪ debut 感想

うたプリdebutの感想です。
まだまだ翔ちゃんしか終わってないんですがAmazonでの批判の嵐に驚いたんで、早めに私見を書こうと思いました。

他のキャラやったらまた変わるかもしれないので、これはあくまでも翔ちゃんルート終わってのの感想です。


※以下かなりのネタバレなので、注意してください



まず、みなさんが指摘しているシナリオの短さですが、さすがに私も気になりました。
一年分のシナリオだったrepeatより千円以上高かったのに、半年分っていうのはないよね……
しかも発売延期してたのに。その時間は台詞の背景をキラキラさせるエフェクトに使われてしまったのでしょうか……

私が翔ちゃんやったときは、最初は「4月」から始まったから当然3月まであるのだろうと思い込んでて、9月が終わって終章になったときは、何か失敗したかと逆に焦りました(笑)

でも一つ一つの月のシナリオはそこそこ長かったから、repeatよりどれくらい短いのかはよくわからないです。
ちなみに私はdebutで翔ちゃんの「恋愛エンド」出すまでに5時間弱、友情と先輩エンドを出すのにさらに一時間半くらいかかりました。



次に、シナリオの内容について。
うたプリって言うと、今までぶっ飛んだ感じの電波(?)なシナリオが多かったのですが、今作はガラリと変わってシリアス路線でした。

debutは学園も卒業したし、真剣に仕事を勝ち取って行かなきゃ生き残れないって感じで、今までみたいな「どうしてこうなった……ww」みたいな流れは特に無かったですね。

私は前の電波な感じも今回のシリアス路線もどちらも大丈夫ですけど、翔ちゃんがやさぐれてたり、春歌ちゃんがスランプだったところは少し鬱になりました(笑)

私は翔ちゃんがキャラ崩壊したとは思わなかったかな。一種の成長だと思ってやってました。
なんとなく、翔ちゃん役の下野さんのキャストトークが今回の翔ちゃんルートの総まとめだった気がしました。聞いててすごく納得しましたし。

ある意味、今までの電波なノリは、全部藍先輩が持っていっちゃったんじゃないかと思ったりww
まさかのロボだし。どんだけ高性能なの~
私は藍ちゃんがなかなか気に入ったので、口が悪いのも気にならなかったですね。

「triangle beat」「changing our song」の歌詞にも結構合ってましたし。
「あいが立ち止まっても」って歌詞はちょっと掛けてるのかな?ww

でも、短くて急展開じゃなくて、もうちょいゆっくりやってくれたら更に良いシナリオだったのになぁとも思います。


システムとか立ち絵とかは、特に文句をつけることはないですね。でもスチルは増やしてほしかったなぁ。
ブレスレットのスチル見たかったよ! とか思ったし。





ということで、今のところこんな感じでした~
「期待してたらちょっと悲しい」って感じのクオリティかな。(それもどうよって感じですが)

とりあえず他のキャラやってからまた感想上げますね。次はダム様やりますww

ではでは、長文読んでいただきありがとうございました(>_<)
スポンサーサイト

ローゼンメイデン

ローゼンメイデン 7 (ヤングジャンプコミックス)ローゼンメイデン 7 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/05/18)
PEACH-PIT

商品詳細を見る



買いました。りぼんっこのみなさん、これが本家の雛苺ですよ!(笑)

表紙がヒナだから、本編でもでてくるのか・・・と思ったけどやっぱり一コマも出てこなかった。
ヒナは本家では死んじゃってるんです。

より正しく言うと、雪華綺晶(きらきしょう)に人形のボディを奪われて、魂であるローズミスティカは真紅が持ってる状態なのですが。

そして、裏表紙側の帯にかるきさんのスピンアウト情報あり。
うーん、「大反響!」って書いてあるけど、どうなんでしょう・・・

いよいよ

うたの☆プリンスさまっ♪debut

買いました~


私は発売日当日は塾だったので、次の日アニメイトに取りにいきました。


いやはや、随分前から心待ちにしてた上に、一回二ヶ月発売延期したから、やっと出たというのも感慨深いです。

でも中間試験にどんぴしゃで当てるのはやめてほしかったww
テスト三日前だというのに、びっくりするほどやる気がしないです←


そういえば公式HP見たら、シングル発売が決定したようで。メイトでも予約始まってました。
TSUTAYAさん頑張ってたくさん入荷してね(笑)
借りますんで



昨夜も中間試験そっちのけでdebutプレイして、何も学校の勉強してないのに4時間睡眠←



既に翔ちゃんルート終わってしまったし←
repeatみたいに4月始まりだから、長そうだなと思ってたらまさかの9月終わりだったという。
意外と短かったですね~

これは10月以降の部分は、ファンディスクが出たらそこでやるんだろうな、という予想。


またある程度やったら感想上げますね


……では、勉強します

最近読んだ本

*トーマの心臓

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (文庫ダ・ヴィンチ)トーマの心臓 Lost heart for Thoma (文庫ダ・ヴィンチ)
(2012/04/23)
森 博嗣

商品詳細を見る


本屋で文庫が並んでるのを見て、図書室でハードを借りて読みました。
原作、萩尾望都さんの「トーマの心臓」という漫画のノベライズですね。
漫画読んだことがないので比較はできませんが、そこそこ面白かったです。
舞台が日本ということだけはわかるけど、時代背景が全く見えなかったり、登場人物たちが西洋風のあだ名で呼び合ってたりして、どこか不思議な世界観でした。



*炎路を行く者

炎路を行く者 —守り人作品集— (偕成社ワンダーランド)炎路を行く者 —守り人作品集— (偕成社ワンダーランド)
(2012/01/24)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


守り人シリーズの外伝。
表題作は、「旅人」でチャグムでさらったタルシュ国のヒュウゴの少年時代のお話です。
ヒュウゴがかなりかっこよかった。
上橋先生はかっこつけてないけどかっこいい男キャラがいるから嬉しいです。
もう一つの収録作、「15の我には」も良かったです。
若いバルサとジグロのお話はいつも心にしみます。


*メジルシ

メジルシメジルシ
(2008/05/16)
草野 たき

商品詳細を見る


草野たきさんはいつも気になってたけど初めて読みました。
でもこの作品は「中学受験の問題っぽい」以外、特に感想を抱かなかったかなあ。
札幌時計台は確かになにもないよね。

ダイアモンドを

BW2のPVを見て、ポケモン熱再来のこの頃。

今日ダイアモンドを妹(中1)に譲りました。

ダイアモンドはパーティー構成を失敗したために、どうしてもゴヨウさんが倒せなくて殿堂入りせずに放置してたんです。

当時私もまだ小6で、タイプ考えるのが下手だったってのもありますしね(笑)


妹が欲しい欲しいと言ったので、シンオウ地方はプラチナで極めたから別にいいかなと思って、データ消してしまいました。

それで、一応手持ちと伝説のポケモンはブラックに送ってから消したんですが、ポケシフターって初めてやったけどめちゃくちゃめんどくさいね(´ヘ`;)

前のパルパークの方が面白かったと思いました。
ポケシフター、オレンの実が全く当たらない(笑)
単に私が下手なのか(+_+)


今横で妹がコトブキシティにいます。
せっかくだから、飽きないで殿堂入りまでしてほしいなぁ

体育大会

普段全く学校のこと書かないので、イベントがあったときくらいは何か書こうかと思います(笑)

先週の土曜日に体育祭があったんです。
中高一貫なので、実に5回目の体育祭ですね。


私の学校は5クラス対抗の点数累計で優勝クラスが決まります。

今年は5クラス中のビリで、私のいるクラスは5年間で一回も優勝したことがない……orz

私が出た競技は、午前の部始まってすぐにやった創作競技みたいのと、午後の部一発目に徒競走50mのたった2競技だけでしたww

応援団とかやってるとまた違うんでしょうけどね。私含め残念ながら無職だった人は、全体的に暇でした。

それで、クラスごとに学年縦割りで座ってるんですが、一つ年上の高Ⅲのテンションが高い高い。
みんなでお揃いのうちわ(リレーの選手の絵のオリジナルイラスト)持って、すごく一生懸命応援してるんです。

参加できる最後のイベントってことで思いが私達とは全然違うんだろうけど、私達も来年になったらあんな感じになれるんだろうか……´・ω・

と思いました。


もう入学して5年も経っちゃったんですね。
私達の学年は、先生方から「バカ学年」のレッテルを貼られてるんで←、文化祭運営が無事に終わるか心配。

自分の部活は多分大丈夫だと思うんだけどなぁ。
少人数の部活すぎて、中1が面白いほど入ってこないのが最早笑えるけど(泣)



とりあえず今目前に迫ってるのは中間テストですね(ノД`)

もはや現実逃避が機能しないほど実感が無い。

しかもうたプリが24日に出るからやっちゃう←



テスト中は逆にパソコンやると思うんで、また更新しますねww

ポケモンBW2の予告動画が///

ニコ動とYouTubeに上がってる、ポケモンBW2の予告動画がヤバい//

ゲーム本編では流れない、あくまでも予告のためだけの動画みたいなんですけど、ベストウィシュと同程度の作画に合わせて喋る声優陣の豪華さにびっくりしました。
テンション上がって3回見ちゃったよ(笑)

前の記事に動画を貼ったんで、ポケモンわかる人もわからない人も、良かったら見てみてください。


たとえキャラがわからなくても、声優好きな人なら見る価値あると思います。
そこまで詳しくない(と思っている)私でも、一回聞いただけで大分声優さんがわかる位豪華。


Nが神谷さんで、カツミレさんが沢城さん。
合いすぎてて幸せ
特にNはすごく納得が行きました。


BW2の新キャラも諏訪部さんとか皆川純子さんとかだし、木村良平さんも石田彰さんも竹逹彩奈さんもいるww


ダークトリニティは、ゲーム画面だとただのドット絵のくせに、なんでアニメ絵で石田さんだとあんなにカッコいいのだ(笑)


チェレン眼鏡外しverも出てきましたし。まさか君が成長してジムリーダーになるとは思わなかったよ。


「ゲーム本編には流れません」って動画に乗せられて、今度こそは絶対に買うのやめると決意してたのに、ゲームを買うことを決めた私←


すっかりポケモンにやられてしまったポケモン世代の一員なので、ポケモンが消滅するまでやらないと気がすまない病気にかかっちゃったのかな、なんて思うこの頃です。

ポケモンBW2

ええええええ\(◎o◎)/!
声優豪華すぎる。これに乗せられて買っちゃう



うたの☆プリンスさまっ♪Amaging Aria

うたの☆プリンスさまっ♪ -Amazing Aria-(通常版)うたの☆プリンスさまっ♪ -Amazing Aria-(通常版)
(2010/12/23)
Sony PSP

商品詳細を見る



友人の友人に借りて、AA一通りやりました!

私が持ってるのはrepeatとSSだけなんですが、musicも友人に借りたし、なんだかんだで全種類やってしまいましたね(笑)


真斗、セシル、音也、那月、光男の順でやったんですが、シナリオ的に音也と光男が良かったです。


真斗とセシルはなんとなく薄味っていう感じで、那月ルートは那月が砂月のふりをしているときが一番テンション上がりましたww


那月ルートのメモリアルに二つほどあった、砂月目線の回想ががめちゃくちゃ切なかったですね(゜ーÅ)ホロリ
さっちゃん完全に消えちゃって本当に悲しいですが、debutはさっちゃん要素があることを信じてるよ。
だっTOP STAR REVOLUTIONは砂月と那月のデュエット曲だもんね。


音也ルートは、repeatのシナリオがわりとネタだったことからすると、AAは大分方向性がまともになってました。
ちゃんと成長してる感じが良かったです。セシルがすごい頻度で邪魔してくるのが面白かったww


そして、シャイニング早乙女こと早乙女光男。
シャイニングルートなんて……ってなめてたんですが、これが予想より大幅に良かった!
他のキャラの立ち絵はボロボロなのに、光男だけなぜかきれいだったせいもあるかもしれませんが←
タイムスリップものなのは予想通りでしたが、なぜだか感動しました。
welcome to utpr worldの曲の入り方がすごく良くて。musicやった後だったから、この曲が元々Aクラスのものだとは知りませんでした。



これでdebutへの準備は万端だ(笑)
あとは発売日まで待機ですね(>_<)

りぼん6月号

まだ付録DVDが見れてないよ……(´・ω・`)

続けます


*桜姫華伝

最近、家にあった1・2巻を読み返してみました。
それで思ったんですが、最近変身&妖古出現率激減してましたね。
7巻以降買ってないんで、全体の流れが掴めないこの頃です(´ヘ`;)

とりあえず槐は前に瑠璃条と桜を見間違えることはないって断言してましたから、今回も当然わかった上で、わざと屋敷の位置も変えずに桜を待ってたんでしょうね。

ぶっちゃけ朝霧の痣の件は忘れてました
青葉と朝霧は血の呪いで力使うと痣が広がって死ぬんでしたね。

ここで朝霧が死ぬってことはないと思うのだけれど、この後どうなるのでしょう……

どうも桜が動くと面白くない。主人公なのにね( ̄▽ ̄;)



*あまからカシスオレンジ
やっぱり好きです。本誌で読むと、コマ割り大きくて良いな。



*スターダスト☆ウィンク
今回つまらないなぁ。
絢音ちゃん側の幼なじみズは、杏菜たちの比較対象としているはずなのに、あんまりその役目を果たせてませんよね。そもそも陽多くん全然出てこないし。

私が颯の方が好きだからかもしれないけれど、絢音ちゃんが勝手に颯のことまで推測してるのがちょっと……

やっぱり颯が動かないとこの話は終わらないのでしょうね。



*パーフェクトローズ

地味に好きだったのに来月最終回……
まぁ妥当って感じですけど(゜ーÅ)ホロリ

ストーリー性はともかくとして、雑誌全体の中でのばらはなかなか良い主人公でした。嫌味が無い。

絵も今回の連載でぐっと綺麗になったし、次は大型連載目指してほしいな。



*セカイの果て

掲載順後ろすぎる気がする。人気無いんだろうか……?

梓がネットで騒がれるほどに可愛いのかに疑問。

そして、河口は有明先生の教え子の子供だったんですね。今後の展開的には、河口の親が有明だったりするのかな。

時間軸が一気に動いて驚き。あと3話くらいで終わるでしょうか?



*プリティーリズム
予想通りの始まり方すぎて面白いww
3人の成長っぷりは良かったです。でもこれで16歳かぁ……

ワタルくんかっこよかった!
今月号本誌全体で一番かっこよかった(笑)

試合が無くなってから、絵柄が良くなりましたよね。始めっからかっこよければもっと注目してたのに。

王道だけどなかなか良い終わり方でした。



*漫画スクール

お二人デビューされましたね。どちらも以前から知っていましたが、如何せん画力が……
話が相当良いといいけれど。



*総評

なんとなく分厚く感じる今月号でした。突出して良いのは未だないですね~

来月号は薬師寺先生と沢先生。沢先生、高野先生の掲載量抜いちゃいましたね描くの早いんだなぁ。

薬師寺先生は好きでも嫌いでもないんで、ファンタジーっぽいけど、どんな感じになるのかな。

そして絶叫学級。また前後編だといいな。最近いしかわ先生の絵柄好きです。


ではでは、今月もご覧いただきありがとうございました(>_<)

うたプリがめざましテレビにっ!

めざましテレビでうたプリの映像が流れたよ!Σ( ̄□ ̄)

超ビックリしてテレビの前で固まってしまいました。

今朝6時50分くらいの放送の、宮野真守さんの特集内で流れたんです。

宮野さんの紹介としてライブ映像が流れた後、BGMにオルフェを流した状態で、
「宮野さんは6人のイケメン達が登場するアニメ(この台詞のときに、ST☆RISHが全員映る)、うたの☆プリンスさまっ♪で一ノ瀬トキヤ役をされOPの楽曲も歌うアーティストとしても活動されています」

っていう(うろ覚え)台詞の後、アニメの春歌ちゃんとトキヤが会話して、
「私は一ノ瀬トキヤです。HAYATOみたいな薄っぺらい男といっしょにされたくはありませんね」(またしてもうろ覚え)という映像が流れ、スタジオに「ほぉ……」と感嘆の声が上がりましたww


その後はライブに向かう宮野さんにインタビューみたいな感じでした。



最初は宮野さんだ! 特集されてるなんて珍しいな、最新アルバムこそはTSUTAYAに借りにいかなくちゃ、って感じでその時点でテンション上がってたんですが(笑)、うたプリ映像流れたときのさらなるテンションの上がりようは自分でも驚くくらいでした←


個人的にはしっかり春歌ちゃん(CV沢城みゆきさん)の声パートから流れたのが良かった。
あとトキヤが喋ったときのスタジオの声(笑)


親が横にいる手前大はしゃぎはできずに固まってたんですが、駅までの道のりでめっちゃ語ってたら、いっしょに歩いてた妹に「……好きだね」って言われました……(泣)

今日は5時間睡眠だけど、今日一日このテンションで生きていけました(笑)


いやぁ、自分でも引くくらいテンション上がったww
debutもめちゃくちゃ楽しみですが、アニメ二期もすごくすごく楽しみです

木練柿

木練柿 (光文社時代小説文庫)木練柿 (光文社時代小説文庫)
(2012/01/12)
あさの あつこ

商品詳細を見る


あさのあつこさんの時代小説シリーズ(?)の一番新しいやつですねー

「弥勒の月」、「夜叉桜」に続く作品なんですが、このシリーズって確実に続き物のはずなのに、シリーズ名もシリーズ表記も無いんですよね。
なんでだろう・・・?
強いていうなら「江戸時代推理小説」って感じなんですが。


ストーリーとしては、舞台は江戸時代。性格はすこぶる悪いが頭は抜群に切れる岡っ引き・木暮とそれを支える伊佐治の二人組が、江戸のとある地域に起こる事件を解決してく感じです。
事件は大体「遠野屋」っていう小物問屋を舞台に展開するんですが、その遠野屋の主人の清之助さんがカッコいいんですよ←

武家出身の人なんですが、刀を捨てて商家の婿に入ったんです。
そのあたりの人間関係が濃くって大変です

江戸時代の細かい描写といっしょに推理が出てきて、一石二鳥な感じの小説だと思っています(笑)

木練柿もなかなか面白かったです~





そして今は森博嗣さんが萩尾望都さんの「トーマの心臓」をノベライズしたやつを読んでます。

萩尾望都先生の漫画は「ポーの一族」だけ読んだことがありますね。
ポーは母親が持っていて小さい頃から読んでいたので、私の中では「吸血鬼もの=ポー」って感じがします。

最近、図書室の司書の先生に「萩尾望都なら半神を読むべし!」っておすすめされたんで、どっかで読んでみたいな。

りぼん6月号

続けますσ(∀*)


*流れ星レンズ

扉絵裏の花澤さんマジ美人Σ( ̄□ ̄)

まだ見てないけど、花澤さんとか櫻井さんとか、もっと言うならスタンクのvomicも豪華声優だし、CRASH!のELEMENTS GARDEN楽曲プロデュースもすごい。
やっぱりこのDVD豪華ですよね。
集英社ってジャンプ関係で声優業界に強いのかしら……


レンズに戻ると、時系列がリアルにあってる漫画が久々な気がする(笑)
「スポーツテストを考慮して徒競走振り分ける」
とかあたり、妙にリアルですよね。
レンズがひよ恋より良いところはリアリティだと思います。


冒頭の三千円のこと引っ張らなくても良かったな。最初忘れててわからなかったし←

でも今月は運動会でみんながそわそわしてる中で一人だけ仕事が無いよ、みたいなリアリティが良かったです。


*表×裏ガール

うーん、やっぱり読み切りの残像が見える中で連載を読むのが辛い(#+_+)

ところでこの前改めて「勝利の悪魔」立ち読みしたんですが←、最後のスペシャルサンクスのところのメンツが豪華すぎて驚きました。
彩原先生、いしかわ先生、朝吹先生、大詩先生がいました。

彩原先生が槙先生のアシ(?)だったとは知らなかったよ。



*CRASH!

今月はユイは扉絵のみの登場。
人気投票の桐の低さにビックリ仰天。怜とこんなに開いちゃうんだね……
私は一番桐が好きです。


でも話は桐花メインですね
やっぱりこの二人が良いよ。

まりかちゃん久々の登場Σ
大人っぽくなってて驚きました。

そして理央ちゃん可愛いよー!!(>_<)
今月のりぼんの中で一番可愛いよー

とりあえず桐頑張れ!
来月期待してます。



*絶叫学級

割と最近も、友達がいない少女がお地蔵さんと手紙のやりとりして祟られちゃう話ありませんでしたっけ……?

やっぱりネタ切れ感がしますね。しょうがないけど。
この頃は画力急上昇ですごいと思います。ライヤーの表紙本屋で見てみたいな。


*まりもの花

香純先生大忙し!

佳代ちゃんと舞花さまのシーンは素直に笑ってしまいました。大分このキャラ達に馴染んでしまった気がする(笑)





そういえば朝吹先生ご結婚おめでとうございます!
ブログとかがあると、漫画家さんとつながってる感があってよいですね


じゃあ続きはまた今度(∀)ノ

学園リバーシ

moblog_64c37cf2.jpg



今回はろんさんもそらるさんもイケメンだった


またしても「そらろんラジオ出張版」聞いてたら、日付が変わりそうだよ……


明日から憂鬱な通常運転が始まりますね。
みなさん頑張りましょう(>_<)

りぼん6月号

行きます~


*表紙

来月の表紙がわからない状態で買いにいくのも面白いですね~
CRASH!の表紙はいつも安定して可愛い。

ちなみに
ちゃお:ちびデビ
なかよし:AKB49

コピックっていう画材的には、なかよしの表紙の濃さ(?)に負けてた気もしますが。



*シュガー*ソルジャー

MOMOのときは全くと言っていいほど巻頭カラーが無かったので、特に何も無いときになるとすごく久々な気がしますね。
ちびキャラ達はすごく可愛い。入谷くんのアップの崩れが気になる……(>_<)

内容的には、前回まで出ばってた遊佐くんが、普通に馴染んで登場。
このキャラは、ひよ恋の律花みたいに入谷になついてるだけなのか、それとも腐要員なのか……

「実の子供なんだから」って、そっか、養子なんですね。やっぱり実の親に捨てられたのでしょうか?
遊佐くんもおばあちゃんっ子だって言ってましたしね。
そうだとしたら、歴代の酒井ヒーローの中で一番キツい境遇なのでは……

最後のシーンは、どうやったらコードに引っ掛かれるのだろうと何度も見返してしまった(笑)

とりあえず最近は、横顔の崩れが気になる。鼻の位置……´・ω・



*好きなヤツはできた。

初連載!

でも、今まで木村先生の読み切り読みすぎたせいか、今回の主人公&ヒーローに新鮮味がない・・・
面白くないわけでは決してないし、今までで画面も一番読みやすいと思うんですけど、「ああ、またこういうキャラか」っていう感じが。

今までのテンプレを覆す感じの続きを期待。


*女の子って。

今回、りぼんの中で一番真剣に読んだといっても過言ではないww
私、髪質がひどいくせっ毛な上に広がりやすいんです。
記事の内容を役立たせたいと思います!(笑)


*チョコタン

割と最初からラストが読める感じでしたよね。
うーん、こういうナオとアリマの恋愛に全く関係なさそうなお話こそ、増刊の番外編でやるべきだと思うのですが。

最初のチョコタンが二人の恋を応援する路線の方が好きだったかな。


*ひよ恋

とりあえず白くなかった。一安心。
でも、今月の絵が、男女のかき分けがなってないような気がしたのですが・・・
律花も結心もひよりもコウくんも、みんな中性っぽい顔になってる。見分けが一瞬つかなくなる。

コウくんが積極的に動いてるので嬉しい。

ヒア・カムズ・ザ・サン

*ヒア・カムズ・ザ・サン(有川浩)

母親が図書館戦争全部読んだくせに未だ聞いてくる。
「有川浩って男?」

……女性ですよ、お母様。

ヒア・カムズ・ザ・サンヒア・カムズ・ザ・サン
(2011/11)
有川 浩

商品詳細を見る


今作は構成が面白くて。
本の半分くらいまでが「ヒアカムズザサン」で、後半が「ヒアカムズザサン parallel」なんですね。

つまり、前半と後半は登場人物は同じでも、パラレルワールドってことで。
なんでも、ちょっとしたあらすじだけ決めて、それで有川さんが書いたのが前半。
そのあらすじから劇団が劇を作って、その劇をもとに有川さんが書いたのが後半。


同じキャラが、同じ地点からスタートしたのに全然違う終わりが待っているのは面白いですね。どちらも感動系には違わないが。

今回は有川さんの売りの「活字でベタ甘」とか、ド派手活劇(?)ではなく、「あらすじから別々の話を作る」っていう企画をやってみたって感じでした。

歴代の作品の中でいうと、「ストーリーテラー」に近いかな?


でも、企画自体は面白かったけど、お話は普通に淡々とって感じだったかも。


とりあえず私は「植物図鑑」が一刻も早く文庫化されることを切に祈っております(笑)

本日は、お日柄もよく

*本日は、お日柄もよく(原田マハ)

本日は、お日柄もよく本日は、お日柄もよく
(2010/08/26)
原田 マハ

商品詳細を見る



面白かったです。
結婚式のお祝いのスピーチから政治家の演説まで、様々なスピーチを書く「スピーチライター」という仕事のお話。
スピーチの力で、政権交代まで成し遂げられる。社会が変えられる。
「言葉の力」を強く感じる作品でした。

三浦しをんの「舟を編む」もそうですけど、言葉に寄り添った職業って素敵ですよね。
この本読むまで、スピーチライターの力について考えたことありませんでした。

政治のパロディがたくさん出てきて(小早川順造が郵政民営化を訴える、みたいな)なかなか考えながら読むことができました。

本のラストに「民衆党」が素晴らしいスピーチの効果で政権交代を成し遂げて、戦後初めて与党となるのですが(笑)
その選挙が終わった後に「伝説のスピーチライター」こと久遠久美が語る台詞が意味深です。
「スピーチは魔法じゃない」

民主党になって暫くたった今だからこそいろいろと考えさせられますよね。

私はまだ有権者じゃないけど、あと3年したら投票が出来るんだな……となんとなく思いました。

早乙女学園購買部☆

早乙女学園購買部に行ってきました

つまり、新宿マルイワン7階でやってるうたプリのグッズが売ってるところに行ってきたんです

私は激しく方向音痴な上に、新宿には疎いんで友達に連れていってもらいました(笑)

マルイワンの入口の時点でうたプリのガチャガチャとか一枚絵とかが置いてあって、早速テンション上昇。

マルイワンって初めて行ったんですけど、雑誌のKERAみたいな系統のお店が入ったビルなんですね。
ゴスロリ好きな友人がよく上げるブランド名がたくさんありました。

エスカレーター上る途中に展示してあったアリスモチーフのロリータの服がめっちゃ可愛くて、思わず写メっちゃいました
自分では着れないけど、そういう服って可愛いですよね。


そして、本題、早乙女学園購買部。
その階に着いた途端にそれらしき人々がちらほら。

グッズコーナー自体は小さかったんですが、大盛況でしたね。
キャラのクリアファイル、Tシャツ、携帯クリーナー、ラバーストラップ、お菓子とかも売ってました。
しかしながら、どれもこれも異常に高いんですよ……
クリアファイル一枚と缶バッジ一つで1050円とはどういうことだ

お店では各ゲームソフトの宣伝PVが流れてまして、debutのも流れてたんですが、ちらっとしか見れませんでした(泣)
翔ちゃんのスチルがちらっと見えたよ……
27日までお預けですね(>_<)


結局、私と友人は、別にどこでも買えるトレーディングカードを1パックだけ買ってすごすごと帰りました(泣)
出費420円なり。


ところが!
5階~7階にかけての階段がすごかった
アニメ映像のおいしいシーンの一枚絵がたくさん展示されてたんです。
夢中で写メってきました(笑)

そのうちの翔ちゃん。イケメン
20120502163604.jpg


帰宅して、カードを開けてみる。
御曹司組の出現率の多さにおののきましたがww
翔ちゃんが一枚出てきて嬉しかった

りぼん6月号


買いました!

表紙のCRASH!可愛いですね。
巻頭カラーがシュガー*ソルジャーだったのには驚き。


とりあえず一通り読みましたが、分厚くてなかなか読み応えありました。
感想はまた後日~