2012年11月

りぼん増刊の予告を見て

ご無沙汰してます(__)

ぼーっとしてたらいい夫婦の日もいい兄さんの日も過ぎてしまって、本格的に年末に近づいてきましたね

年末にある塾のテスト勉強をしないといけないんですが、どうもはかどりません。


前置きはこのくらいにして、りぼん公式HPで見た冬増刊の話。

夏増刊の「スター」は買わなかった私ですが、今回は買おうかなと思ってます。
ものすごく読みたいわけではないけど、槙ちゃんが読み切り描くなら読もうかな……って感じです。

なんか目玉って感じの目玉作品がないような気がして


表紙は酒井先生。シュガソルになってから表紙多くて嬉しいです。おんなじことを前にも書いた気がしますが(笑)

牧野先生と木村先生は順当って感じですね。本誌連載できる勢っていうか。

今回は新人陣が目新しい人ばかりで驚きました。
夏増刊デビューの先生が3人? と吉澤先生がいるのが印象的。

水純先生とかを地味に楽しみにしていようかな。
スポンサーサイト

りぼん12月号*2

遅ればせながら行きますー
今回も並びはテキトーです。


*ロマチカファッションコーデ
可愛いなぁ
妹が何やら描いて送ってました。
コピックの使い道ってこういうチャンスしかないからね……


*年賀状
ロマチカのが欲しい! ので送ってみようかなぁ。
みんな可愛くて悩みます。今年クオリティが高い気がする。


*シュガー*ソルジャー
巻頭カラー可愛いー
12月号って感じがします。
今月号は史上一番麻琴が可愛かったです
主人公視点じゃないときのほうが可愛いっていうのもあれですが(笑)

謎の渡瀬くんさえいなければわかりやすい展開なのになー
入谷くんが心を開くのが楽しみです


*ロマンチカクロック
扉絵が可愛すぎてビックリしました
流石槙ちゃん……この扉は永久保存です

内容は本当に着地点がどこになるのかがわからなくて、ちょっと消化不良です(勝悪のときも同じこと思ったけど)


*CRASH!

急に話が変わったーΣ( ̄□ ̄)
ダーク出てきちゃったら、作中のアイドルグループ出尽くしちゃいますね。

アイドルっていったら、最近りぼんの特集ページと、ある友人のせいでセクゾンが気になる。


*VIP

カラー扉のメイキングを香純先生のブログで見ました
結構切ったり貼ったりしてるんですね。

初本誌だけど、連載としても違和感なくやっていける気が。
竜星くんよりも恭の方がかっこいいし←

まりもは年齢設定が低いからかな。


*チョコタン!

うわぁ、こういうのキツいですね。
私はカメしか飼ってないけれど、捨てようとは思わないですね。
最初の5倍くらいの大きさになりましたが


*セカイの果て
終わったー
最後にどんでん返しは特になかった感じで。
「セカイの果て」ってフレーズが、まさか春日くんのお母さんから出てくるとは思いませんでした。

次の連載も楽しみにしてます。

ウは宇宙船のウ

ウは宇宙船のウ【新版】 (創元SF文庫)ウは宇宙船のウ【新版】 (創元SF文庫)
(2006/02/27)
レイ・ブラッドベリ

商品詳細を見る


今年6月に逝ったSF界の巨匠、レイ・ブラッドベリが若い読者向けに彼自ら編んだ短編小説です。
SF、しかも洋物SFはほとんど読まないんですけど・・・面白かった!
文体が読みにくいのがあって大変だったんですが、詩的でかっこいい。

短編集だから、いろんな話が載ってるのがいいですね。
深い海の底から遥か彼方の惑星、太古の昔から蠱惑的な未来まで縦横無尽です。

ノスタルジックだし、何より彼自身の宇宙への熱い羨望がとても眩しく感じられる作品です。

『ぼくがこの本を捧げるのは“過去”に驚愕し、“現代”を駆け抜け、ぼくらの“未来”に高遠な希望を持つ、あらゆる男の子たちである。』

(「はしがき」より)

表題作、『「ウ」は宇宙船の略号さ』は、いつの日か宇宙へと旅することを思う、筆者自身の姿を投影したような一人の少年の話。
でも、女の子にだって宇宙を思う資格はあるよね・・・・・・と思いましたが(笑)

萩尾望都先生がこの短編に着想した漫画もあるそうで(司書の先生に教えてもらった)、ぜひ読んでみたいです!

ポケダンについて語ってみる。



3DSが欲しい。

今まで全然興味なかったのに、ポケダン出るとなると俄然欲しくなりました(泣)
前にもたくさん書きましたけど、ポケモンダンジョンシリーズの新作、
「マグナゲートと∞迷宮」が欲しい。
http://www.pokemon.co.jp/ex/dungeon_magnagate/


ダンジョンシリーズは「赤の救助隊」からずっとやってますけど、普通のポケモンの何倍も感動ので大好きです。


普通のポケモンは育てゲーだと思ってやってるからそこまでストーリーは重視していないんですが、ポケダンはストーリー超重視。

キャラクターにめちゃくちゃ感情移入しちゃいます。

瀕死になっちゃうことも多くて難しいし、ボス戦とかポケモンハウスは精神的に辛い。
道具とかもたくさんあって大変だけど、その分達成感が半端ないから大好きです。

やってる間にパートナーが愛しくてしょうがなくなるし(笑)


道具の種類も楽しいよなー
きのみ以外はみんなダンジョンオリジナルなのが良いです。
「てきおびえだま」ばっかり使ってます。

それと、空の探検隊からできた専用道具。
トリトドンリングなんて、くさ技当たったらHP回復出来るんだぜ!? っていう。楽しすぎる。


朝起きて一日が始まり、ダンジョンから帰ってきたら晩御飯を食べて寝るっていうゲーム形態も好き。


……なんか熱弁してしまった(笑)



小1からずっとゲームしてるからか、何かしらやってるソフトが一個ないと悲しくなってくるんですよね´・ω・


欲しいなー。
(オチなし)

りぼん12月号

遅くなりましたが、無事買いました(∩∀^)☆

今回の表紙は、三誌の中では目立っててわかりやすかったです。
まりもは色がはっきりしてて良いですね~
近所の本屋では、三誌の中で一番山積みが低くなってた!


全体として、今回は暗い話が多かったような。シュガソルとか、ひよ恋とか、スタダスとか、何かしら揉めているイメージ。

嫌なわけではないけど、フワフワしてるのが少ないのはちょっと辛いです。
(今回はフワフワ要員のチョコタン!も暗い)


別冊付録は……
モデルのはとんでもなく話が上手く進みすぎるし、強面~はどの辺が泣けるお話なんだか分からなかったなぁ(-_-;)

ネタとしても面白くな(ry
なら読むなってことかな。
来月から優木先生連載かぁ……( ̄▽ ̄;)


本体は、けっこうVIPが良かったです。増刊のよりは好感。

それにしても香純先生超多忙

秋増刊が無いのが辛い
詳しい感想はまた後日