スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五年分の追憶

魔法使いのあの子のような、金に光る砂時計を手にしたら、私はどうするだろう。


過去の自分に出会わないように、もう一度この五年を過ごすとしたら。


中一に戻って、別の部活に入ってみようか。
それとも、ここは本気で勉学に励んでみるとか。
文化祭も修学旅行ももう一度くり返して。
今とは全く違った人間関係を築いてみるのもよいかもしれない。


でもきっと、帰着点はどれも同じ――五年分の砂が落ちきったときに、そう気づくんだろうな。


まぁいいか。
私は私。


そう思って、砂時計をごみ箱に放り投げるのだろう。

砂は摂理に従い落ちていく。また会おうね、これからさ。
そう心の中で唱えながら。


*彩
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。