スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弓道と肩インピンジメント症候群

弓道を大学から始めたのですが、9月のはじめくらいから弓手肩(左肩)が痛くなってきました。
大三~会までがものすごく痛いので、整形外科に行ったら「インピンジメント症候群」だと診断されました。
ところが、毎週リハビリに通っていても一向に治りません・・・・・・

インピンジメント症候群は通称野球肩。
肩を上げる際に腕の骨(上腕骨)の関節部分がうまく動かないせいで、動かすときに肩峰(肩の上部にある出っ張っている骨)と上腕骨との間に筋肉や滑液包をはさみこんでしまい、炎症を起こす現象だそうです。
kata3-2.jpg
(画像はhttp://www.hitsujigaoka.com/baseball_shoulder3-1.html から)

部活で先輩方に相談もしていますが、弓の引き方のどこが悪くてインピンジメントになったのかがわからないのでどん詰まりな感じで。

今回実感したのが、えらい弓道の師範の先生は整形外科ではないから原因はわからないし、逆に整形外科は弓道のことがまったくわからないから原因がわからないってこと。
弓道のことを熟知している整形外科ってほとんどないだろうしな(@_@;)

肩甲骨を動きやすくしたり、棘上筋を鍛えることが予防と治療になるそうなので、筋トレに励みます(泣)
あと、部活の前に一切柔軟やストレッチをしないまま弓を引いていた自分はアホだったなあと。
自分は肩はわりとやわらかくてよく回る方だとは思っていましたが、今まで文化系だったのに突然弓道始めたら、そりゃ筋力ないだろうと。
せめて肩を部活前に回すとかしておくべきでした。
今後後輩を指導するときは、とりあえずは「腱板を鍛えておきなよ」って言いたいです。

早くなおるといいなぁ(>_<)
あと、関係ないけど最近ソードアートオンラインのアニメ見てたら、弓使いのシノンさんの手の内がきれいで感動しました 笑
弓返り180度してたしな。うらやましいぜ。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。