スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょうがの味は熱い

しょうがの味は熱いしょうがの味は熱い
(2012/12)
綿矢 りさ

商品詳細を見る



通学の往復でさらっと読めちゃいました。
やっぱり綿矢りさは「なんだかこの感覚わかる」って感じの共感しやすい描写が多くて好きですねー。
「インストール」、「蹴りたい背中」でもこの「あるある」をさらっと感じさせるところが綿矢りさの魅力だ、みたいな評価をされてましたっけ。

「ひらいて」とか、「夢を与える」とか、ほの暗い作品が多いけど、登場人物が私と同じくらいの年齢だからなのかな。決してやさしい文体でもないし、今作に至っては文中に詩がはさまれてる(?)みたいなことが多かったけれど、なんだか訴えかけるものがあります。

今作でも、奈世の依存性も、絃の神経質さも私は持ち得ていないけど、一つ一つの心理描写が妙に生々しくて、小説じゃなくてエッセイでも読んでいる気分になります。終着点は結局曖昧なままだったけど、リアルの人の生き方って実際曖昧さとその場のノリで決まってるんじゃないかなと思いました。

不愉快なおばさんにぶつかってから、絃が奈世を連想して、彼女の不在を実感する流れがすごく自然でよかったです。そうそう、人の思考ってたしかにこんな感じっていう。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。