スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りぼん7月号

CG4t4NpUAAEXoFY.jpg

お久しぶりです!
今年度になってから初めての更新ですね……
ここ数か月は毎日毎日実習でほんとに大変でした。大学生活で一番のヤマ場と言われていたので、無事乗り切れてよかったです 泣
今後はテストを一つ乗り切れば夏休みだから解放感でいっぱいです(>_<)


ではでは、いまさら感もありますがりぼん7月号の感想をば。


*つばさとホタル
春田なな

作中はクリスマスでも、扉絵は浴衣で夏祭り風。アッキーの隣に行きたいのに、鳥羽くんも気になる……っていうつばさの心情がでてる扉絵ですね、楽しい 笑
冒頭では、クリパの後ついに鳥羽くんがつばさに告白!!!
つばさは即振ってしまいましたけど、流石鳥羽くんは手練れです。クリスマスプレゼントをつばさに押し付ける形で見返りに初詣デートをゲットしたり、さらっと手をつないだり。
「もっと俺のことで困ってよ」
はいいですね、Sっ気が出てて(^^)

でも、やっぱり本命はアッキーですよね。わざわざ渡そうと電車降りてくれるのいいな。
来月号はまさかの鳥羽くんとアッキーと一緒に初詣。
初詣デートなんて、ときメモかよ…… 笑

そういえば、台湾旅行で台湾版つばホタを購入しました↓
S__64348179.jpg



*なないろ革命
柚原瑞香

そろそろ ゆゆ のキャラクター造詣にリアリティーが感じられなくなってきた(しつこすぎ)んですが、私だけかな……
女同士の関係ってこんな感じだよね~あるある~って感じの連載だと思ってたのですが(*_*;
大学の同級生の男の子に、「一般論として、女子って一見中よさそうに見えるのに、実はめっちゃ仲悪いって話を聞いてびっくりすることが多いよな~」って言われたことがあるんですけど、詩丘くん側の男子たちからすると、そういう感じにみえちゃうのかもしれないですね。


*ロマンチカクロック
槙ようこ

ついに受験本番。蒼の絵柄がちょっと変わってきたのが残念だけど、蒼だって受験なのに、蒼にとっての光である杏花音をめった期にかけてるのが健気です。
でも試験中に終わったからって立ち上がっちゃうのはさすがにダメでしょw
それこそ棄権行為になっちゃうよ 笑

杏花音の病気はついに来るところまで来ちゃった感じですが、次号どうなるでしょうね……


*絶叫学級 転生
いしかわえみ

新連載(?)の絶叫学級。いったい光子ちゃんはなんだったんでしょうね(゜_゜)
小学生の67パーが彼氏がいるってマジですか??
ちなみにうちの学部は女子の4割が彼氏持ちだそうです(友人調べ)

彼氏を自分で作って、いろいろいじってたら自分がひどい目に合うって話、前増刊号であった「彼氏アプリ」みたいなのと一緒だなって思ったんですけど、自分が切られちゃうっていうのはめちゃ怖かったorz


*バディゴ!
黒崎みのり

やっぱり芸能界ものは楽しいの法則。藤原ゆか先生も、また芸能もので戻ってきて下さらないかな……
ハヤテかっこいいし、扉絵のシズク(女ver.)も可愛くてよいね!
ハヤテは王道ツンデレヒーローだけど、今のりぼんにツンデレヒーロー少ないし、目立っていいと思います。
「自分だけだテンパってると思うなよ!」」のシーンのテレ顔もいいですね(>_<)


*またあした。
村田真優

おーおー、遊園地で観覧車とはベタですねぇ。
この連載も三角関係+本命を好きな女の子のポジションになってるんだなぁ。
レンズが中学生設定だったのに違和感があったのですが、今作は高校生っぽくって好きです。


*猫田のことが気になって仕方ない。
大詩りえ

要するに、猫田のことが恋愛対象でない女子に対しては猫田が猫に見えるということですね 笑
中間試験が思ったより早めにあってびっくりした中一時代とか懐かしすぎて涙が出ますね……私も老けたものよ


*シュガー*ソルジャー
酒井まゆ

最終回!!!
入谷くんの前髪が気になって仕方なかった連載初回から3年もたったんですね 笑
史織さんが最後亡くなるって展開はあまり予想してなかったので驚きでした。
ロキヘブみたいに親との対立を乗り越えて成長する、というよりは、入谷君は自分の境遇を受け入れて前に進むヒーローだったんだなぁ。
入谷君は最初は自信のない強がりで完璧にふるまってたんだけど、麻琴という存在ができて、やせ我慢しなくてもいいんだとわかったと同時に、強くなろうと頑張ることは弱いってことじゃなくて、自分がやってきたことは正しいって理解できたんですよね。


一つだけ不満があるとしたら、入谷君簡単に医学部受かりすぎでしょ……笑
堕医学生としては、そんなに医学部簡単じゃないよ?  って言いたくなりますけどね 笑
遊佐くんや白雪さんの今後、そいて久遠先生と雨季ちゃんの行方は番外編でがっつり書いていただけると信じています、酒井先生! 笑


一端ここまで(^^)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。