映画ハーモニー

CUqUZ3bUYAAVuB7.jpg
伊藤計劃作品、<harmony/>の映画を見てきました。

2009年に34歳の若さでこの世を去ったSF作家・伊藤計劃が、その前年に発表した同名小説を映画化。原作は、著者にとって2作目のオリジナル長編作品で、死後、第30回日本SF大賞や米国フィリップ・K・ディック記念賞の特別賞を受賞。「大災禍」と呼ばれる大規模な混沌から復興し、その反動で極端な健康志向と調和を重んじる超高度医療社会が訪れた世界。ある時、数千人規模の命が奪われる事件が発生し、その背後には、13年前、まやかしの社会に抵抗して自殺したはずの少女・御冷ミァハの影があった。ミァハとともに自殺を試みるも失敗し、生き延びて戦場の平和維持活動に従事していた霧慧トァンは、ミァハの存在を確かめるため立ち上がる。伊藤計劃の残したオリジナルの長編3作品を映画化する「Project Itoh」の1作。「AKIRA」作画監督などで知られるなかむらたかしと、「鉄コン筋クリート」のマイケル・アリアスが共同監督。
(映画.comより引用)


小説は既読です。
上映後にパンフレットと小説も買ってしまった……!

パンフレットにはパンフレット表紙のミァハのポスターつき!
前作屍者の帝国が原作から大幅改変があったのに比べて、今作は原作に忠実な感じでした。

ただあまりにも忠実すぎる故に、小説にただ映像を付けただけ、という印象も。

一つの映画作品としては、屍者の帝国の方がインパクトは大きかったような気がします。

あと屍者の帝国の映像美がすごくよかっただけに、ハーモニーの映像は見劣りしちゃった気がします。
引いた時のキャラの顔面崩壊してるし、CGで建物とか作ったんだろうけど、それを使いまわすためにカメラワークがぐるぐる360度回ったりしてね……w
ミァハとトァンが原作より百合っぽかったのは、けっこういい演出だったのかなーと。

過去ロシア兵によって壮絶な目にあったミァハからすると、トァンとの体の接触っていうのは重要な意味を持っていたのだろうと。

自分の、私だけの体を、他人との接触により実感していたのかなと。
1番問題になるであろうところは、クライマックスでトァンがミァハに

「愛してる」

って言っちゃうところですかね。

原作でのトァンは父親とキアンを殺したミァハに対して復讐するために、ミァハを撃ったって描写がすごく印象的なだけに、トァンのミァハに対する「カリスマへの憧憬」「カリスマを殺すことへの快感」「13年前から変化のない無垢なミァハへの感動」とか色んな感情を全部ひっくるめて

愛してる

っていう陳腐な単語にまとめちゃったのは、わかりやすくはあるけど残念でした。

あと、人間はみんな幸福になった、って描写や、
「さよなら たましい」
っていう原作のトァンの最後のセリフが欲しかったな。

関連記事
スポンサーサイト