スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月読書メーターまとめ

2015年12月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2259ページ
ナイス数:43ナイス

宇宙を駆けるよだか 3 (マーガレットコミックス)宇宙を駆けるよだか 3 (マーガレットコミックス)
読了日:12月31日 著者:川端志季
陰陽ノ京〈巻の4〉 (電撃文庫)陰陽ノ京〈巻の4〉 (電撃文庫)感想
番外編みたいなお話でしたが、脇役が目立ってて嬉しかった!
訃柚の絵草子もよかったですー
読了日:12月30日 著者:渡瀬草一郎
陰陽ノ京〈巻の3〉 (電撃文庫)陰陽ノ京〈巻の3〉 (電撃文庫)感想
新キャラ、蘇芳の正体と顛末が潔くかっこよかったです。史実ネタもふんだんにある、よい陰陽師ものです。
読了日:12月30日 著者:渡瀬草一郎
ウエハースの椅子 (新潮文庫)ウエハースの椅子 (新潮文庫)感想
「すくなくとも、こっちが真実だ」という恋人のセリフが、すごく絶望を誘います……私小説のようにも感じられる文体。こんなにも不倫の閉塞感と幼少期の記憶を描けるなんてさすが江國香織です。
読了日:12月25日 著者:江國香織
屍鬼〈1〉 (新潮文庫)屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
読了日:12月23日 著者:小野不由美
その手をにぎりたいその手をにぎりたい感想
ラスト一ページが無駄に官能的な描写すぎて、今後不倫でもあるのだろうか? と思ってしまって後味悪かったです……バブルは知らない世代です。
読了日:12月14日 著者:柚木麻子
ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)感想
映画を見たので再読。映画よりも小説の方が「真綿で首を絞められるような」世界の描写がより強烈で印象的なように思います。トァンの復讐心の描写が映画では少なかったのがやっぱり残念だった。人間が「とても幸福」になって以降の意識の枠を飛び越えた人間、そしてwatch meをインストールしていなかった人間の今後が気になります。自分に知識がついてから読み直すと、伊藤氏の医学知識の深さに脱帽。
読了日:12月12日 著者:伊藤計劃
ホリミヤ(8) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ(8) (Gファンタジーコミックス)感想
体育祭、宮村にはすごくいい思い出になったようで読んでいてすごく微炭酸系!
読了日:12月6日 著者:HERO,萩原ダイスケ

読書メーター
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。