スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェーグレン症候群

〇シェーグレン症候群
30~50代女性に多い。(男:女=1:17.4)
・一次性……ほかの膠原病と合併がないもの
  腺型
  腺外型
・二次性……合併あるもの

外分泌腺障害
 唾液腺障害……口腔乾燥
   ガムテスト
   造影検査でapple tree sign

 涙腺障害……ドライアイ
   シルマー検査
   乾燥性角結膜炎の検査にフルオレセイン試験
    (ローズベンガル染色はひどく沁みるので近年臨床ではあまり行われない)


血液検査所見
 WBC↓
 抗SS-A抗体、抗SS-B抗体陽性

治療は対症療法



リウドマイド因子陽性
 :シェーグレン症候群、関節リウマチ

抗核抗体陽性
 :混合性結合組織病、SLE、全身強皮症、シェーグレン症候群
   (関節リウマチでも陽性になることあり 40%)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。