スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永青文庫に歌仙兼定を見に行った

文京区~永青文庫「歌仙兼定登場」~

文京区と永青文庫がコラボしている「歌仙兼定登場」イベントに参加してきました。
どういう企画かというと、永青文庫が「歌仙兼定」の展示企画を行い、文京区と刀剣乱舞がそれに便乗してスタンプラリーや歌仙兼定グッズを販売したりする、というものです。
初期刀の勇姿、しっかり目に焼き付けてきましたよ!

スタンプラリーの会場がまさかの椿山荘だったので、椿山荘でお高いお蕎麦を食べる(とろろと海苔がすごく美味しかった)
CIMG72901.jpg


椿山荘に佇む歌仙。なんか面白い。



永青文庫は旧肥後藩主の細川家のコレクションを展示している美術館。歌仙兼定も細川家の刀。
歌仙兼定はもっと華々しい刀かと思ったら、拵のサメ皮の模様が思ったより渋くて、意外でした。

CIMG7305.jpg

永青文庫出たところにあるスダジイの所有者が元首相の細川護煕でびっくりしました。なんてrichなんだ細川家。(永青文庫の館長は現在は細川護煕!)



新江戸川公園。
文京区が公園の名前を変えるそうで、新名称を公募してました。
CIMG73061.jpg


歌仙兼定の等身大パネルと書き下ろし画像。
CIMG73101.jpg

CIMG7312.jpg


スタンプラリーの景品のポストカードと、歌仙のクリアファイル(400円)





今回巡っていて謎だったのが、なんで歌仙の胸には牡丹の花がついているんだ……?
ということ。
椿山荘のある場所はもともと「つばきやま」って名前だったらしいし、付けるのなら椿じゃないのかなぁ。謎です。

私の初期刀、雅でかっこよかったです!

>



にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。