スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソラ





傘の色
冬の夕暮れ
星一つない
川に踏み入る

ソラがせまる









コバルトブルー
の空
うすむらさき
の雲
あかね色
の家

一枚
の水彩画












あの雲
花嫁さんのベールみたい。
薄く広く長く、
優しく私を包み込む。











雲の切れ間
茜色
光と影
「何故太陽ハ毎朝東カラ
 上ルノダロウカ。」
今日も新しい一日がはじまる












進む先には茜色
背中には黄色
頭上は青空

雲が迫る











お日さまに青い空。
ほら、晴っていいかんじじゃない?














うろこ雲
ひつじ雲
ひこうき雲
いろんな雲があるけれど、

私、ほのかなピンク色の
あの茜雲が好き。











太陽は
たったひとつのほしなのにすべてを仄かに照らしてるどこにいたって
ほら、
かならず光があたってる。
太陽に比べたら
電球なんてどんなにちいさなものか。


ほら、
今もあなたは照らされている。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。