スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIに負けない医者になるために

今日で小児科の授業が全部終わっていしまいました。
たったの三週間だったけど、部活のめちゃくちゃ忙しい時期とかぶっていた上にフルコマだったからきつかった……

今回小児科でアレルギーを専門にしてらしゃる先生方にお会いできて、すごく勉強になりました。
私はずっとアトピーの臨床と研究をやりたくて医学部に入ったのですが、皮膚科じゃなくて小児科でも十分アトピーを含めたアレルギーの臨床ができるということがわかったし、皮膚科に固執せずに、小児科という選択肢もありかもしれない……
成育医療センターに就職できたらかっこいいしなぁ←(すごく難しいって聞いたことはありますが)

今回お話しした先生方は、ご自身が喘息、アトピーに悩んでいて、それでアレルギーを診れる小児科になった先生たちだったので、もともとアトピーだった私からするとすごく親近感でした。


でも、小児科はすごくむずかしいそうです。ジェネラリストであると同時に、小児のスペシャリストでないといけないし。
小児が急患で来たときに適切に対応しないといけないし。

先生のおひとりに、「将来AI(人工知能)が出てきたとしても、負けない医者になりなさい」
というお言葉をいただきました。
全部人工知能が診断だしてくれたら医者なんてみんな廃業になってしまう気がします。
サザエさんでそういう漫画があった気がする。

人間の医者がAIに勝てる要素はどこにあるのか、勉強していきたいと思います。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。