スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採血実習

昨日はクレアチニンクリアランス実験でした。

学生が採血しあった血液と、尿を用いての実習です。
採血は免疫の授業などを含めてこれで3回目で、だいぶ慣れてきました。
今回のペアは男の子だったので、血管が太くて見やすいので一発でした('ω')ノ

血管が細い女の子は毎回大変そうです。
同じ班の女の子の血管のあまりの抜きにくさに学生がさじを投げてしまい、研修医の先生方が抜こうとしていたのですが、先生方にも難しかったようで、最終的に研修医5人に押さえられて足の甲の足背から翼状針で抜かれてました。満身創痍で痛そうだった……

私はわりに血管が見やすい腕なので、大体1,2回で抜いてもらえます。
でも今回は橈骨側で一回シリンジを引っ張るのと一緒に針が抜けちゃって失敗、二回目は尺骨側で血管の中で針をぐりぐりされたので無事に血は抜けたものの、大内出血で閲覧注意な腕になりました。微妙に痛い……
さらに私の血を抜いてくれた女の子、針を針キャップから抜くときにリバウンドして針刺ししてました、血がぷくーっと出て痛そうだった。
キャップから外すときは、勢いよく大胆に。私も気を付けようと思います。


今回の実習では迷走神経反射でぶっ倒れた人は2人くらいでしたかね、わりと少ないほうだ。
迷走神経反射は生理的な反応だから起こってもしょうがないと先生方はおっしゃりますけど、先輩方とかには
「採血するときにリラックスしてれば絶対大丈夫だよ~ あれは緊張してるとなるからね」
と言われます。実際のところどうなんでしょう(-_-)
私は採血するのはそんなに怖くないのですが、抜かれるのはちょっと怖いですね。針先を凝視してしまいます。



それにしても腎泌尿器の実験は学生の尿やら血が行きかって、「尿なんて汚い(>_<)」なんて言ってる暇全くないですね 笑
試験管に
「○○(人の名前) 血」「○○ 尿」「△△ 血」「△△ 尿」
って感じで班員の名前と血と尿が書かれてずらっと並びます。

どんな美少女でもイケメンでもフツメンでも不細工でも、血と尿になってしまえば変わりありませんものね……(;'∀')
挙句の果てには「○○くん、私の尿(の試験管)取って」みないになってきましたもん。恥の欠片もない。こんなんでいいのか女子医学生。


さてさて、これからエクセルでクレアチニン濃度の曲線を書くぞ~



にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。