スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月15日浅草流鏑馬

4月15日、浅草の隅田公園で行われていた流鏑馬を、部活のメンバーと一緒に見学に行きました!

P41507101.jpg


もう桜はすっかり散っていて少し悲しい。


台東区が前売り券を3000円で売っているので、それを購入して公園の指定された場所に行くと、パイプいすが並べてあります。
10:30入場開始だったので10:35くらいに行ったら、的の周辺の最前列はすでに埋まっていましたね(;'∀')
ちょっと動きが甘かった。

席取が終わったら、部員でかわりがわりに仲見世通りに繰り出してお昼の買い出し。
さすが土曜日の昼間の浅草、日本人と外人とでごった返していました。
ジャンボメロンパンに抹茶アイスが挟まったやつと、舟和の焼き芋羊羹を購入して、隅田公園の北の方でやっている草鹿(くさじし)を見物に行きました。
これは前売り券を持ってなくても身に行けるもので、鹿のお人形に向かって弓を引くものです。


P41506131.jpg


P41506181.jpg


その後肝心の流鏑馬が始まります。
色々流鏑馬をやるにあたってのしきたりとか歴史、各役職の働きについて解説の放送が流れるのですが、その放送の語りがすごくシニカルで面白かったですw


P41506961.jpg

Newカメラ(OM-D)の流し撮り技術が足りなくてぶれる……
的に矢が命中して的が割れると、的の裏に仕込まれていた五色の紙吹雪がパーンとはじけるのです。
綺麗でした~


この方は最後に弓を引かれた「小笠原清基」さん。
あの弓馬術礼法小笠原流の「若」でいらっしゃいますよ!

P41507141.jpg


P41507191.jpg



流鏑馬も弓も当然ものすごく素敵だったのですが、帰宅した後お名前でググったら経歴が
「阪大卒業後、筑波大大学院にて神経科学博士を取得。「家業を生業にしない」という家訓があり、現在製薬会社の研究員。」
と書いてあってたまげました。
小笠原家の方ですから、稽古しかされていないと思っていた(失礼)のですが、抗がん剤の研究されているなんて格好良すぎではないですか……!

弓を引く医学生の端くれとしてすごくあこがれました。

小笠原流・若日記
若はブログもやってらっしゃるのでぜひ~

私も流鏑馬やってみたいなーと軽率に思うけれど、そもそも乗馬したことないし、とてもあのスピードで的は狙えないだろうなぁ。
馬上で矢をつがえるのも大変そうだったし。


楽しかった!
P41507231.jpg


↓ぽちっとお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。