スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は、お日柄もよく

*本日は、お日柄もよく(原田マハ)

本日は、お日柄もよく本日は、お日柄もよく
(2010/08/26)
原田 マハ

商品詳細を見る



面白かったです。
結婚式のお祝いのスピーチから政治家の演説まで、様々なスピーチを書く「スピーチライター」という仕事のお話。
スピーチの力で、政権交代まで成し遂げられる。社会が変えられる。
「言葉の力」を強く感じる作品でした。

三浦しをんの「舟を編む」もそうですけど、言葉に寄り添った職業って素敵ですよね。
この本読むまで、スピーチライターの力について考えたことありませんでした。

政治のパロディがたくさん出てきて(小早川順造が郵政民営化を訴える、みたいな)なかなか考えながら読むことができました。

本のラストに「民衆党」が素晴らしいスピーチの効果で政権交代を成し遂げて、戦後初めて与党となるのですが(笑)
その選挙が終わった後に「伝説のスピーチライター」こと久遠久美が語る台詞が意味深です。
「スピーチは魔法じゃない」

民主党になって暫くたった今だからこそいろいろと考えさせられますよね。

私はまだ有権者じゃないけど、あと3年したら投票が出来るんだな……となんとなく思いました。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。