スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ本

*トーマの心臓

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (文庫ダ・ヴィンチ)トーマの心臓 Lost heart for Thoma (文庫ダ・ヴィンチ)
(2012/04/23)
森 博嗣

商品詳細を見る


本屋で文庫が並んでるのを見て、図書室でハードを借りて読みました。
原作、萩尾望都さんの「トーマの心臓」という漫画のノベライズですね。
漫画読んだことがないので比較はできませんが、そこそこ面白かったです。
舞台が日本ということだけはわかるけど、時代背景が全く見えなかったり、登場人物たちが西洋風のあだ名で呼び合ってたりして、どこか不思議な世界観でした。



*炎路を行く者

炎路を行く者 —守り人作品集— (偕成社ワンダーランド)炎路を行く者 —守り人作品集— (偕成社ワンダーランド)
(2012/01/24)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


守り人シリーズの外伝。
表題作は、「旅人」でチャグムでさらったタルシュ国のヒュウゴの少年時代のお話です。
ヒュウゴがかなりかっこよかった。
上橋先生はかっこつけてないけどかっこいい男キャラがいるから嬉しいです。
もう一つの収録作、「15の我には」も良かったです。
若いバルサとジグロのお話はいつも心にしみます。


*メジルシ

メジルシメジルシ
(2008/05/16)
草野 たき

商品詳細を見る


草野たきさんはいつも気になってたけど初めて読みました。
でもこの作品は「中学受験の問題っぽい」以外、特に感想を抱かなかったかなあ。
札幌時計台は確かになにもないよね。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。